山焼き後のカルスト台地を走るMine秋吉台ジオパークマラソンは、魅力と見どころがいっぱいのマラソン大会です。
もともとは「秋吉台カルスト高原健康マラソン大会」として、同じく山焼きのあとの時期に開催されていたマラソン大会でした。2009年に秋芳町、美東町が美祢市と合併したことを記念して、また第1回から始めたんだそうで、2020年で12回目ですが、実はもっと歴史のあるマラソン大会なんですよ。

黒く焼けた台地と白い石灰岩のコントラストの中を、大勢のランナーたちが駆け抜けます。
今回はMine秋吉台ジオパークマラソンの日程やコース、見どころ、特徴などをご紹介します。

日程

開催日程:2020年3月1日(日)

※新型コロナウイルスの影響を受け、中止になりました

エントリーいただいた方すべてに参加賞(大会オリジナルTシャツ)、大会プログラムを送付します。
参加料の返金はありません。
・参加賞と合わせて送付する返信用封筒にて計測タグを返却いただけるようお願いします。

 

雨天実施(この日は毎年雨が多いそう)、荒天や積雪などの場合中止もあり
開催場所:秋吉台緑地公園(秋吉台展望台周辺)
参加賞受付 8:30~10:30
(ナンバーカード必要)

ナンバーカードと計測チップなどを事前送付します。
・「ハーフ」と「10km」で「ネットタイム」の計測をします。
・テレビ放映あり
→放送日時(予定)2020年3月22日(日)14時00分~14時54分tysテレビ山口にて

参加要項

定員

各コースでの定員は決まっていません。各コースの合計人数3000人が定員となります(先着順)。

エントリー方法

エントリー方法はインターネットエントリー(RUNNET)と電話エントリーの2通りになります。

インターネットエントリー

申込締切日 2019年12月13日(金)
エントリーには事前にRUNNETの会員登録が必要です(無料)
参加料のお支払方法は、お申し込みの際にお選びいただけます(クレジットカード、コンビニ、ATMなど)。
RUNNET登録は、大会公式ホームページからできるようになっています。

会員登録していない方、している方ともにエントリーはこちら→大会公式ホームページの「エントリー」ページから

電話エントリー

申込期間 2019年10月1日(火)~12月13日(金)
電話会員登録・電話エントリー TEL:0570-001-661
まずは電話会員登録が必要になります(無料)
※1.5キロファミリーコースはインターネットエントリーのみの受付になります。

1、電話会員登録
上記の電話番号に連絡し、会員登録をします。その後、あらためて電話をかけ直し、エントリー手続きをするようになります。会員登録受付時間(平日10:00~17:00)

2、電話会員登録済の方
電話の音声案内に従い、プッシュボタンで会員番号や大会IDなど必要事項を入力して申し込むようになります。支払方法は、ペイジ―対応ATM・ローソン・ファミリーマート・ミニストップをご利用いただけます。
※電話エントリーでの大会ID は、237093です。
※エントリー時に支払いで必要なお客様番号が音声案内されるので、お控えください。確認番号42195、収納期間番号58021(ペイジー利用ATMの場合)が必要になります。

参加料

ファミリー・高校生以上・・・4,200円(税込)
小・中学生・・・2,200円(税込)

種目とコースの特徴

種目は

秋吉台ジオパークマラソンでは、コースが5種目用意されています。
親子で、お子さんひとりで、兄弟で・・・と、幅広い世代の方が、それぞれの体力にあったコースを選んで参加することができます。

・ハーフ(高校生以上) 11:00スタート(制限時間3時間、ペースメーカーがサポート)
・10キロ(高校生以上) 11:10スタート
・5キロ(中学生以上) 11:20スタート
・2キロ(小学生)   10:25(男子)、10:40(女子)スタート
・1.5キロ(ファミリー)  10:05スタート
※公認コースではありません。
ファミリーの部は親子そろってゴールするコースとなっています。

アップダウンが激しい秋吉台特有のコース

どのコースも、市道博物館線「秋吉台バス停前」をスタートし、カルスト台地の中を通っているカルストロードを走ります。
両脇にカルスト台地が広がる中を駆け抜けるので、その眺めは壮観。山焼き後のカルスト台地を楽しみながら走ることができます

ファミリーコース、2キロコースは展望台周辺を走るコースになりますが、5キロ以上のコースはカルストロードの見晴らしの良い景色の中を走ります。

10キロは長者ケ森駐車場過ぎたあたりで折り返しになります。ハーフは大正洞入口を過ぎ、佐山交差点から県道239号線に入り、景清洞付近で折り返します。
カルストロード特有のアップダウンが激しいコースで、ハーフは最大高低差およそ133mなんだそう。ランナーさんにとっては挑みがいがあるコースですね。

その他大会の特徴は

地元の方の振る舞いや飲食店

コースの沿道では地元の方による太鼓での応援があったり、豚汁の振る舞いや、飲食の出店があります。
展望台周辺には観光案内所とカフェが併設された「カルスター」もあり、こちらで観光情報を調べたり、室内でカフェメニューをいただくこともできます。おすすめは手作りシャーベットです^^(寒いからちょっと季節外れですかね・・・)

カルスターとなりのお土産物屋さん・台観望でも、うどんなどの軽食を食べることができます。すぐ近くでお土産を手にできるのも嬉しいですね。そして外の売り場では、名物夏ミカンソフトも。

もらって嬉しい!観光地割引クーポン

例年、秋芳洞、大正洞、景清洞の半額クーポン券や、地元商店街や観光施設で使える商品券をお渡ししています。
宿泊で参加される方はぜひ、素晴らしい自然の魅力がいっぱいの秋吉台周辺観光スポットを巡って行かれてくださいね。

アクセス

・公共交通機関での来場の場合
公共交通機関の場合はバスが便利です。
下関駅、新山口駅、山口駅、東萩駅など、県内各所から秋芳洞バスセンターへのバスが出ています。
県内各所から秋吉台バスセンターへのバスの時刻表はカルストドットコムのアクセスページを参照ください。
秋芳洞バスセンターからは無料シャトルバスが出ますので、当日はご利用ください。

車での来場の場合
小郡萩道路秋吉台インターチェンジから 10分
中国自動車道美祢インターチェンジから 20分
中国自動車道小郡インターチェンジから 30分

当日の駐車場、シャトルバス、交通規制は?

駐車場

(大会公式ホームページより参照)

秋吉洞周辺に無料市営駐車場を臨時駐車場として用意しています(秋芳洞第2.第3.第4駐車場、およそ1100台分)。第1駐車場は観光客用駐車場のため有料になります。お気をつけください。

秋吉台周辺には、秋芳洞黒谷口駐車場、家族旅行村予備駐車場、家族旅行村駐車場が用意されています。
秋吉台エレベーター口駐車場は、シャトルバス発着場、大型バス、タクシーの発着場、一般観光客の駐車場になるため、マラソン大会参加者は駐車することができません。ご注意ください。

無料シャトルバス

無料シャトルバスが秋芳洞バスセンター、秋吉台家族旅行村、秋芳洞黒谷口、秋吉台案内所から発着します(7:30~15:00、随時発着)。

秋吉台バスセンター(観光交流センター)
無料シャトルバス発着場所、県内各所から秋吉台へのバスの玄関口です。

秋吉台家族旅行村(無料シャトルバスの発着場所)

秋芳洞黒谷口駐車場(無料シャトルバス発着場所)

秋吉台案内所(エレベーター口)無料シャトルバス発着場所
8:00~15:00まではこちらの駐車場に参加者は駐車できません。

交通規制は

当日は7時から14時半まで交通規制が行われます。
マラソンコース区間は8:00、場所によっては9:00から14時半まで全面進入禁止です。展望台周辺には常時一方通行の箇所もあります。案内に従ってご来場ください。第12回の交通規制がわかり次第、お知らせします。

詳細は第12回秋吉台ジオパークマラソン公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

わたしは秋吉台が好きでよく足を運びますが、四季折々違う顔を見せるカルスト台地は多くの人を魅了します。そんな秋吉台の、しかも山焼きの後のカルスト台地を眺めながら走るマラソン大会は、実際に走ったら思い出に残る貴重な経験になることと思います!
走ることが好きな方、カルスト台地と周辺観光を楽しみたい方、ぜひ秋吉台ジオパークマラソンに参加してみてはいかがでしょうか。わたしも応援に行ってみたいな!と思います。