こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^
今回は「ハッピープロジェクト」と銘打って県内の移動販売を行っている和菓子屋さん、宇部大黒屋製菓さんをご紹介します。
宇部大黒屋製菓さんは昨年創業から90年を迎えた、歴史ある老舗の和菓子屋で、県内ではよく目にするおなじみの和菓子を製造しています。

老舗和菓子屋・宇部大黒屋製菓

昭和4年に卸のお餅屋さんとして開業した大黒屋製菓さん。
以来、宇部市のお餅屋さん、和菓子屋さんとして長年親しまれてきました。
時代の変化による倒産を乗り越え、現在3代目の社長「餅屋のノリ」さんが先々代からの味を引き継いでがんばっていらっしゃいます。

お餅だけでなく、おまんじゅうや淡雪などさまざまな和菓子を作っています。
お餅は国産のもち米を使用、和菓子には合成着色料や保存料を使っておらず、安心安全のお菓子です。
和菓子の材料の配合は、創業時からそのまま受け継がれているんだそうですよ。地元の方にとっては変わらぬ馴染みの味ですね。

あのようかんも宇部大黒屋製菓の商品

宇部大黒屋製菓さんの和菓子は、山口県内のスーパーや道の駅など、多くのお店で取り扱われています。

こちらのようかんは、見たことがある方、食べたことがある方も多いのではないでしょうか?
山口県内、北部九州の名産、特産品の名を冠したようかんです。このようかんも宇部大黒屋製菓さんが作っています。

山口市阿知須の名産品・くりまさるかぼちゃ、徳佐地区のりんご、下関市吉母海岸でとれる塩、福岡八女抹茶など、山口県内や福岡県の特産品を練りこんでいます。
わたしはこのようかんシリーズが大好きです。
とってもお手軽な大きさのようかんなので、ちょっとした手土産に、自分へのお土産に、何種類も買ってしまいます^^

まだ地産地消が叫ばれるよりも前、本格的なようかんではなくて、山口県の特産品を使った手軽に食べられるようかんを作りたい。
その思いからできたこのようかん、今では山口県内だけではなく日本各地で取り扱われているそうですよ。

新しい試み・ハッピープロジェクト

スーパーなどに商品を卸で販売していた宇部大黒屋製菓さんですが、この春から新しい試みを始められています。
山口県民といえば餅まき大好き。何かのおまつりやイベントの後には、必ずと言ってよいほどお餅まきがあります。
宇部市のイベント後の餅まきは、これまで宇部大黒屋製菓さんが一手に引き受けてきました。

ですが、コロナの影響からこの春からのイベントは中止を余儀なくされ、当然イベント後の餅まきも中止。
どうしたらもっと宇部大黒屋製菓の商品を手に取ってもらえるだろう・・・。
そこで考えられたのが、和菓子を車に積んで直接和菓子をお届けに回る「ハッピープロジェクト」でした。

朗らかで明るい3代目社長さん。
大好きなラジオを通してつながっていった仲間がハッピープロジェクトを応援してくれていて、いつも移動販売の会場は人がいっぱいです。
おひとりで始められたプロジェクトが、いつの間にか仲間から広がって大きなイベントになって、社長さんもこんな大きなことになるとは・・・とびっくりなんだとか。

ところで、ハッピープロジェクトって「幸せを届ける」プロジェクトなのかと思いきや、社長さんがイベント時には「法被(ハッピ)」を着ているからハッピープロジェクトなんだそうで・・・(;^_^A
でも、移動販売では周りに笑顔があふれているので、やっぱりハッピーなプロジェクトです^^

ハッピープロジェクトの様子、日程などはツイッター(※社長の「餅屋のノリ」さん個人Twitterです)で告知があります。
ようかんやたくさんの和菓子をお届けに行っていますので、日程と場所が合えばぜひ、足を運んでみてくださいね。

宇部大黒屋製菓 店舗情報

宇部市あすとぴあ1-2-4  TEL 0836-39-8146、FAX 0836-39-8143
注文受付時間  10:00~16:00(土・日・祝休み)
※卸なので店舗はありません。
誕生餅や正月用のお餅など取り扱いあり。ホームページ、問い合わせはこちら

まとめ

今回は宇部市の老舗和菓子屋さん、宇部大黒屋製菓をご紹介しました。
移動販売であるハッピープロジェクトの輪がどんどん広がっていく様子に、人のつながりって素晴らしいなあと感じます。
地元に根づいて、昔ながらの味を守っていらっしゃる大黒屋製菓さん。もっとたくさんの方にその和菓子を味わってもらえたら・・・と、大黒屋製菓さんのようかんファンのわたしは思っています。
スーパーや道の駅などで見かけたら、手に取ってみられてください。老舗の和菓子屋さん、応援したいですね。