防府市の夏の一大イベントといえば、防府天満宮の花火大会ですね!

毎年8月3日から5日にかけて行われる御誕辰祭のフィナーレを飾るのが、大花火大会!防府市民だけでなく、市外からもたくさんの人が花火を楽しみにいらっしゃいます。

つぶた
つぶた
花火はもちろん、御誕辰祭のイベントもたくさんあるよ!
防府ってこんなに人がいたんだ!っていうぐらいに賑わいますよね
なんたん
なんたん
この記事では、防府天満宮御誕辰祭、花火大会の日程や駐車場、穴場スポット、花火を楽しむ注意点などをお伝えします。

防府天満宮御誕辰祭とは

防府天満宮は学問の神・菅原道真公を祀った「日本最初の天神さま」です。
日ごろから地元民に「てんじんさま」と親しまれ、市民の憩いの場になっています。

道真公は承知12年陰暦6月25日の生まれで、その年の陽暦は8月5日にあたります。
万灯の夕べ、花火大会など様々な奉祝奉納行事を行い、8月3日から5日までの3日間、道真公のお誕生日をお祝いします。

祭り期間中の行事日程は、防府天満宮公式サイトをご確認ください。

防府天満宮花火大会の日程、場所や打ち上げ数は

防府天満宮の花火の特徴は、花火と音楽と光のコラボレーションショーです!

最終日5日に、祭のクライマックスとして約4000発の花火が打ち上げられます。
打ち上げ場所は天満宮内ではなく、天満宮の近くにある野球場跡です。

開催日:8月5日(金)
打ち上げ時間:20時30分~
場所:野球場跡地
打ち上げ数:約4000発



駐車場、交通規制は?

花火大会当日は、参道前の「うめてらす駐車場」や「観光駐車場」、また裏手の広い駐車場などの防府天満宮駐車場は利用できません

今年はまだ公式での駐車場、交通規制についての発表はありませんが、例年、松崎小学校と佐波中学校、佐波小学校、毛利邸の4ヶ所が臨時駐車場として開放されます(駐車料金無料)。

なんたん
なんたん
これまでの開放時間は16時~22時でした
駐車場は、防府天満宮正面にいちばん近い松崎小学校から順番に埋まっていきます。臨時駐車場を利用するならば、できればお早めにお越しください。

臨時駐車場が満車の場合は、防府駅周辺のルルサス防府駐車場、防府市市営駐車場、タイムズ駐車場などの有料駐車場をご利用ください。
ゆめタウンやイオンなどのショッピングモール駐車場もありますよ(ゆめタウンは駐車代無料、イオン防府はお買い物金額によって駐車場料金サービスあり)。

つぶた
つぶた
公共交通機関で来られる場合は、JR防府駅から徒歩でおよそ15分だよ

また、5日の交通規制は18時~22時です。
公式サイト、下記の防府天満宮公式twitterの投稿に、交通規制図が掲載されています。ご確認ください。

祭のクライマックスを飾る・夏祭り大花火大会

花火大会の観覧場所はココ

御誕辰祭が賑やかに行われるのは参道や境内ですが、花火大会の打ち上げ場所は、裏手にある競輪場付近。
競輪場となりの広い駐車場(野球場跡地)と、野球場跡地と道路を挟んだ天神山公園駐車場が、花火の観覧場所として開放されます。

天満宮の花火大会は、大きめの打ち上げ花火は少なめで、音楽に合わせて花火とレーザーが躍動するショーがメインです。
そのため、打ち上げ場所の近くで音を聞きながら、まじかに花火を見るのがいちばんですね♪

なお、野球場跡地には屋台は出ません。
出入口が一か所しかない
ので、花火終了後に出入口が混み合います。お帰りの際は気をつけてくださいね。

(天神山駐車場・過去の花火大会当日の様子)

天神山公園駐車場には、数は少ないですが屋台は出ていました。
おいしいものをほおばりながら、花火が上がるのを心待ちにできますよ^^

駐車場出入口もとくにはなく、会場が開放的なので、小さいお子さんがいらっしゃる場合などは、こちらで見られた方がよいかもしれませんね。

観覧場所・天神山公園駐車場(防府天満宮境内から徒歩3分くらい)

野球場跡地、天神山駐車場には、トイレはありません
どちらも境内に数か所ありますので、花火鑑賞前にご利用ください。

会場にはゴミ箱の設置もありません。ゴミは持ち帰るか、購入した屋台にひきとってもらいましょう。

なんたん
なんたん
ゴミがいっぱいの天満宮だったら、天神様も悲しみますものね

花火を見る穴場スポットは?

防府天満宮の花火を見たいけれども、できるだけ人混みを避けて鑑賞したい、という方も多いですよね!
そんな場合は防府市内のデパート屋上駐車場がおすすめです。

防府のデパートといえば、ゆめタウン防府イオン防府、イオンタウン。
なかでも地元の方のおすすめは、ゆめタウン屋上が多かったです^^

ゆめタウンは駐車料金無料で、屋上が花火の観覧用に開放されます。
お店の中で食べ物をテイクアウトして、食べながらのんびりと座って見ていられるので、家族連れに人気です^^

なんたん
なんたん
音楽が聞こえないのと花火が小さく見えるので、どうしても臨場感には欠けますが、ゆっくり観覧するにはもってこいでしたよ
そのほか、桑山公園大平山山頂にも無料駐車場があり、遠目に花火を楽しむことができます。

もうひとつの見どころ・万灯(まんとう)の夕べ

花火はもちろんですが、御誕辰祭のもうひとつの見どころは「万灯の夕べ」です。
祭りの3日間の夜、およそ2000個のろうそくが灯され、美しくゆらめく光の帯が参拝客を出迎えます。

つぶた
つぶた
光の帯は、大石段・表参道の大鳥居まで。5日は大石段のみの設置となります
御誕辰祭に行くたびに、その光の美しさに感動します。ろうそくの小さな灯が集まって作り出す優しい光の帯。その帯に沿って天満宮まで導かれていく心地よさ…。何とも言えません。

ぜひ優しい光が醸し出す、夏祭りの夜の幻想的な雰囲気を味わっていただきたいです^^

まとめ

防府天満宮御誕辰祭、大花火大会についてご紹介しました。

やっぱり防府天満宮の花火は、近くで音楽と光と花火をすべて楽しんでこその花火大会です。
ぜひ、間近で音と光と花火のショーを満喫していただきたいですね!

夏の夜、万灯のあかりと夜空を彩る花火に癒されに、防府天満宮の花火大会にいらしてくださると幸せます^^
みんなで道真公のお誕生日をお祝いしませんか?