早いもので12月4日(土)から、山陽小野田市の季節体験農場「花の海」でいちご狩りが始まりました!

花の海は、四季折々の野菜や果物の収穫体験や一面の季節の花畑を楽しんだり、野菜たっぷりのランチを食べたりと、一日中季節を満喫できる人気スポット。

いちご狩りはとくに人気で、昨年はおよそ3万8千人が来園したそうですよ!

なんたん
なんたん
花の海ではゴールデンウィーク明けまでいちご狩りが長く楽しめるんですよ♪
サッカー場3面分の広ーいハウスなんだって
つぶた
つぶた
この記事では、花の海のいちご狩りの料金、予約などについてご紹介しますね。

以前、花の海のいちご狩りに行った時の様子はこちらでご紹介しています♪↓

料金は?

花の海のいちご狩りは、売店に戻るまでは時間無制限、食べ放題です。
ハウスを出て園内を散策して、またハウスに戻ることもできます♪

つぶた
つぶた
お腹いっぱいになっても、一回休憩できるってことだね^^
また、料金はシーズンによって変わります。

◇開園~4月10日◇
大人(中学生以上) 1,900円
子ども(小学生)  1,600円
幼児(3歳~未就学)1,000円
◇4月11日~5月8日◇
大人(中学生以上)1,600円
子ども(小学生) 1,300円
幼児(3歳~未就学) 900円
◇5月9日~終了◇
大人(中学生以上)1,100円
子ども(小学生)  900円
幼児(3歳~未就学) 700円


障がい者・高齢者割引については、いちご狩り受付にて障がい者手帳をご提示ください。
高齢者(75歳以上)の方は、受付にて年齢の分かる物(運転免許証・保険証、等)をご提示くださいとのことです。(花の海公式サイトより)

また、JAF会員の優待があります。
受付でJAF会員カードを提示すると、入園料が100円引きになります(会員含む1グループ)。

予約は必要?

花の海は完全予約制ではありません。
そのため、当日直接行っても案内してくれますが、いちごの生育状況などによっては入場人数の制限がある場合もあります。

予約すると、人数制限がある場合も確実に案内できるとのことですよ。
花の海公式サイトのいちご狩りページから予約できます。

なんたん
なんたん
平日は空いていますが、土日はすでに予約で埋まって空きがない日もありました!土日はとくに、事前予約や問い合わせをおすすめします!

今年のいちごの状況、注意点は?

花の海には5種類のいちご(かおりの、あまえくぼ、四星(よつぼし)、空音(そらね)、すず)が栽培されていますが、なかでも12月は「かおりの」が食べごろ。

「かおりの」は果肉がかたくて、甘みが強く酸味が少ないので、お子さんでも食べやすい品種です^^
そのほかの品種は、1月上旬ごろから収穫できる予定だそうですよ。

まだ色づいたいちごが少ないため、開園すぐは入園できる方の人数の制限があります

12月5日(日)先着50名様まで
12月6日(月)~10日(金)先着20~30名様まで

つぶた
つぶた
生育状況によっては入園、量り売りの中止もあるそうです。
来園前に、花の海に問い合わせをおすすめします!
また、いちご狩りに持ち込みなど禁止されていることもあります。(花の海公式サイトから引用)。↓

イチゴの持ち逃げが多発したため、タッパー・ボウル・紙コップ(容器類)の持ち込みは禁止しております。
また、ハウス内への食べ物も持ち込み禁止です。(飲み物は持ち込みOK!)

なんたん
なんたん
持ち逃げが多発したとは、残念。
マナーを守っていちご狩りを楽しみたいですね!

花の海の場所は?

花の海があるのは、山陽小野田市埴生。
あともう少しで下関市という、山陽小野田市の端の方にあります。

貝汁で有名な「ドライブインみちしお」から車で2分。
国道190号線沿いにあるコメリが目印です。
コメリの脇から海の方に向ってまっすぐ進むと、花の海に到着します。

所在地:山陽小野田市埴生3392
問い合わせ先:TEL0836-79-0130
いちご狩り営業時間:平日10時~16時
定休日:なし
駐車場:あり(無料)

まとめ

花の海のいちご狩りについてご紹介しました。
ちょっとお値段がよいのですが、時間無制限なところと、シーズンによってはいろんな種類のいちごを楽しめるのがいいですよね♪

子どもさんも遊ぶところがたくさんあるし、とっても健康的なランチも楽しめるし、野菜の収穫体験やピザつくり体験もできるし(笑)一日まるっと楽しめる、ほんとに楽しいスポットです!

ぜひぜひ、花の海のいちご狩り、楽しんでくださいね^^

花の海のランチの様子はこちらでご紹介しています♪