城下町の面影を残す街並みや長府毛利氏ゆかりの庭園、由緒ある寺社が残り、年間を通じて観光客が訪れる下関市長府。
毎年2月の半ばから3月中旬にかけて、城下町長府全体でひなまつりが行われ、風情ある街並みがかわいらしいひな飾りでカラフルに彩られ、城下町の各所で趣向を凝らしたイベントが開催されます。

今回は城下町長府ひなまつりの見どころイベント、見逃せないひな飾りや駐車場などについてご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、イベント内容が変更になる場合があります。お出かけ前に最新情報をご確認ください。

城下町長府についてはこちらもどうぞ

・城下町長府のバスでのアクセスをまとめました。
 城下町長府アクセス【バスまとめ】下関駅など・時刻表・運賃を徹底紹介
・長府の見どころ観光スポットをまとめています。
⇒ 城下町長府【下関市】観光見どころスポット・所要時間・駐車場情報を紹介!

城下町長府ひなまつり・開催日程

開催時期 :2022年2月6日(日)~3月13日(日)
開催場所 : 城下町長府地区
問い合わせ先:083-227-3305(下関市観光政策課)8時30分~17時15分
※休日は長府観光協会(083-241-0595)へお問い合わせください。

城下町長府ひなまつり・展示会場やイベントは

スタンプラリー開催

下関や山口県の特産品ギフトや、城下町長府にあるお店からのプレゼントが当たる、毎年恒例のスタンプラリーです。

長府エリアに設置された6ヵ所のうち、4ヶ所のスタンプを集めると、豪華賞品があたるくじ引きにチャレンジできます!

スタンプ設置場所(6ヵ所)
長府観光会館(くじ引き場所兼)、長府商店街(正円寺)、長府藩侍屋敷長屋、長府毛利邸(くじ引き場所兼)、忌宮神社、長府庭園

長府毛利邸

(長府おさげものひなまつり展)

長府毛利邸は、長府毛利家第14代当主・毛利元敏公によって、明治36年に完成した邸宅です。
庭園には四季折々の花木が植えられており、おひなさまの時期には梅の花を愛でることができます。

四季を移ろいを楽しめる長府毛利邸では、期間ごとにイベントを開催。
和小物の販売なども予定されています。

(長府おさげものひなまつり展)
2月6日~2月20日 長府おさげものひなまつり(つるし飾りを主におよそ100点展示)
2月22日~3月6日 柳川伝承まり・さげもん作品展
2月22日〜3月13日 豪華おひなさま展示
3月1日~3月27日 花月の雛あそび
長府毛利邸

所在地:下関市長府惣社町4-10
開館時間:9時~17時(会期中無休)
問い合わせ先:083-245-8090
入園料:大人210円、小人100円(鑑賞は無料)
公式サイト:長府毛利邸

長府庭園

期間中は期間を区切り、ひな祭りイベントを書院にて行っています。
庭園には梅や水仙といった早春の花が咲き、かわいらしく華やかなおひなさまと早春の花々のコラボレーションを、ゆったりと楽しむことができますよ。

2月5日~2月13日 ・古布あそび 春をめでるさげもん展
・すずかけの実のブローチまたはストラップ作り
2月5日、6日、7日 さげもん飾りなどの販売

ワークショップは参加料必要。
詳細は長府庭園までお問い合わせください。

長府庭園

所在地:下関市黒門東8-11
開館時間:9時~16時30分(会期中無休)
問い合わせ先:083-246-4120
入園料:大人210円、小人100円(鑑賞は無料)
公式サイト:長府庭園

長府観光会館の幸ふく雛(こうふくびな)

下関では、フグのことを幸福のフクにちなんで「フク」と呼んでいます。

その幸福のフクのおひなさまが、このとっても珍しい下関ならではの「幸ふく雛」です。
なんと一体60㎝と、大きめで迫力のあるひな人形。
フグの顔ですが、これがだんだんかわいく見えてくるから不思議ですね。
この幸ふく雛は「ふくの関長府観光会館」でしか見られません。

ふくの関長府観光会館は、お土産コーナーやレストラン、観光案内所などがあり、長府の散策にあたってはまず寄っていきたいところ。ぜひ、ふくを呼び込みにお立ち寄りください^^

長府観光会館

所在地:下関市侍町2-1-15
営業時間:9時~18時(無休)
問い合わせ先:083-246-1120

他にもひな飾りが見られるのは

(忌宮神社 大雛人形展)

そのほか、下関市立歴史学物館、正円寺(つるし飾り)、忌宮神社(大雛人形展)でも、ひな人形やひな飾りを展示
また、長府内の一部店舗でもひな飾りを楽しめますよ。

(正円寺)

城下町の風情を楽しみながら、ひな飾りを楽しんでくださいね。

駐車場

(城下町長府観光地散策マップより)

城下町長府には無料駐車場もありますが、城下町内には有料駐車場が多くあります。

城下町の中は道が狭いところが多いので、車を一か所に停めて街並みを散策するのがおすすめです。
車で巡る方は、道幅などに気をつけてくださいね。

無料駐車場

散策される方には無料駐車場の観光会館が便利ですが、大型バス置き場が多く、普通車は入って左が駐車スペースになりますので、車の置き場にご注意ください。

長府観光会館(国道9号線沿い、長府の観光拠点)
下関市長府侍町2-1-15
20台、大型バス10台



下関市立美術館駐車場(国道9号線沿い、長府庭園すぐ向かいです)
下関市長府黒門東町8-11
およそ235台(こちらは美術館、長府庭園をご利用される方用の駐車場になります)




長府庭園となりにも、長府庭園を利用される方用の広い無料駐車場があります。
功山寺にも数台、参拝用の無料駐車場があります。

有料駐車場

タイムズ長府
下関市長府土居の内町4
14台、60分100円、24時間入出庫可



有料駐車場(功山寺、長府毛利邸へはこちらが便利です)
下関市長府川端1-1
60分100円、最大500円
舗装されていません。



長府中浜駐車場
下関市長府中浜町4-14
10台、30分ごと90円



まとめ

城下町長府のひなまつりをご紹介しました。

風情あふれる町並みが、華やかな赤やピンク色のさげもんで彩られるこのイベント、ぜひ足を運んでいただきたいです。
ゆっくりと城下町の雰囲気を楽しみながら、おひな様やさげもんで飾られた観光名所をお楽しみくださいませ。

個人的には、忌宮神社の歴史あるおひな様がおすすめです。圧巻ですよ!