城下町の面影を残す街並みや長府毛利氏ゆかりの庭園、由緒ある寺社が残り、年間を通じて観光客が訪れる下関市長府。
毎年2月の半ばから3月中旬にかけて、城下町長府全体でひなまつりが行われ、風情ある街並みがかわいらしい雛飾りでカラフルに彩られ、城下町の各所で趣向を凝らしたイベントが開催されます。

今回は城下町長府ひなまつりの見どころイベント、見逃せないひな飾りや駐車場などについてご紹介します。

城下町長府についてはこちらもどうぞ

・城下町長府のバスでのアクセスをまとめました。
 城下町長府アクセス【バスまとめ】下関駅など・時刻表・運賃を徹底紹介
・長府の見どころ観光スポットをまとめています。
⇒ 城下町長府【下関市】観光見どころスポット・所要時間・駐車場情報を紹介!

城下町長府ひなまつり・開催日程

開催時期 :2021年2月7日(日)~3月14日(日)
開催場所 : 城下町長府地区

平日問い合わせ先:083-227-3305(下関市観光政策課)8時30分~17時15分
土日問い合わせ先:083-241-0595(長府観光協会)9時~18時

城下町長府ひなまつり・展示会場やイベントは

スタンプラリー・下関、山口のギフトが当たるかも?

下関や山口県の特産品ギフトや、城下町長府にあるお店からのプレゼントが当たる、毎年恒例のスタンプラリーです。

スタンプは長府エリアの6か所に設置されており、そのうちスタンプを4個以上集めたらくじ引きにチャレンジできます!
外れた方には参加賞がありますので、ご安心くださいね。

6か所すべてのスタンプを集めた方にはパーフェクト賞としてアマビエグッズのプレゼントがありますよ(数量限定です!お早めに)。

スタンプ設置個所

◎長府観光会館◎長府毛利邸、長府商店街(正円寺)、長府庭園、長府藩侍屋敷長屋、忌宮神社
◎のついている施設はくじ引き場所を兼ねています。

長府毛利邸

長府毛利邸は、長府毛利家第14代当主・毛利元敏公によって、明治36年に完成した邸宅です。
明治天皇もご宿泊されたことがあるんだとか。庭園も四季折々の花木が植えられ、ちょっとのんびりとしていきたくなる場所です。

そんな四季を移ろいを楽しめる長府毛利邸では、期間ごとにイベントを開催します。
イベントのひとつとして「柳川まり・さげもん作品展」が行われ、全国3大つるしびなの一つで100年以上の歴史を誇る柳川伝承のつるし飾り約80点の展示があります。

2月7日~2月21日 長府おさげものひなまつり(つるし飾りを主におよそ100点展示)
2月23日~3月7日 豪華おひな様展示
2月23日~3月7日 柳川伝承 まり・さげもん作品展

そのほか、お抹茶、甘酒接待もあります(抹茶代400円、菓子付き)。

長府毛利邸

所在地:下関市長府惣社町4-10
開館時間:9時~17時(会期中無休)
問い合わせ先:083-245-8090
入園料:大人210円、小人100円(鑑賞は無料)

長府庭園のおひなさま

期間中は期間を区切り、ひな祭りイベントを書院にて行っています。

2月7日~2月21日 二代西頭哲三郎 博多人形ひなまつり展
(ひな人形を中心とした博多人形の展示、販売)
2月7日~2月21日 豪華おひな様展示

庭園には梅や水仙といった早春の花が咲き、かわいらしく華やかなおひな様と早春の花々のコラボレーションをゆったりと楽しむことができます。

長府庭園

所在地:下関市黒門東8-11
開館時間:9時~16時30分(会期中無休)
問い合わせ先:083-246-4120
入園料:大人210円、小人100円(鑑賞は無料)

長府観光会館の幸ふく雛(こうふくびな)

幸ふく雛・・・え?ふく?
そうなんです、下関といえばフグが全国の漁港から集まる集積地として有名ですが、下関ではフグのことを幸福のフクにちなんで「フク」と呼んでいます。

下関公式観光サイト「楽しも!」より)

その幸福のフクのお雛さまが、このとっても珍しい下関ならではの「幸ふく雛」です。
なんと一体60㎝と、大きめで迫力のあるひな人形。
フグの顔ですが、これがだんだんかわいく見えてくるから不思議ですね。
この幸ふく雛は「ふくの関長府観光会館」でしか見られません。

ふくの関長府観光会館は、お土産コーナーやレストラン、観光案内所などがあり、長府の散策にあたってはまず寄っていきたいところ。ぜひ、ふくを呼び込みにお立ち寄りください^^

長府観光会館

所在地:下関市侍町2-1-15
営業時間:9時~18時(無休)
問い合わせ先:083-246-1120

他にもひな飾りが見られるのは

そのほか正円寺(つるし飾り)、忌宮神社(大雛人形展)でもひな飾りイベントが開催されます。
また商店街アーケードには、子どもたちが作った可愛いつるし飾りが並びますよ。

街歩きをしながら、ひな飾りを楽しんでくださいね。

駐車場

城下町長府には無料駐車場もありますが、城下町内には有料駐車場が多いです。
城下町長府の中は道が狭いところが多く、街並みを歩いてめぐるのがメインになります。

お車で巡る方は、道幅などに気をつけてくださいね。
わたしもこないだ車で功山寺に行くのに、え?ここ通っていいの?と思いながら通りました。

無料駐車場

散策される方には無料駐車場の観光会館が便利ですが、大型バス置き場が多く、普通車は入って左が駐車スペースになりますので、車の置き場にご注意ください。

長府観光会館(国道9号線沿い、長府の観光拠点)
下関市長府侍町2-1-15
20台、大型バス10台

下関市立美術館駐車場(国道9号線沿い、長府庭園すぐ向かいです)
下関市長府黒門東町8-11
およそ235台(こちらは美術館、長府庭園をご利用される方用の駐車場になります)
長府庭園となりにも、長府庭園を利用される方用の広い無料駐車場があります。
功山寺にも数台、参拝用の無料駐車場があります。

有料駐車場

タイムズ長府
下関市長府土居の内町4
14台、60分100円、24時間入出庫可

有料駐車場(功山寺、長府毛利邸へはこちらです)
下関市長府川端1-1
半日200円

長府中浜駐車場
〒752-0975 下関市長府中浜町4-14
10台、30分ごと90円

まとめ

城下町長府のひなまつりについてご紹介しました^^
さげもんは、そのあったかい赤色やピンク色などカラフルな色どりが、まだ早春の少し肌寒い季節にぽっと心をあっためてくれるかわいらしさがありますよね。それもひとつひとつ心を込めた手作り、よく見たらそれぞれに表情があってなんともほんわかした気持ちになってきます。
ぜひ、街並みとひな飾りのコラボレーションを楽しんでいただけたらと思います♪