今では全国的に知られた山口県のご当地グルメ「瓦そば」
「瓦そば」は下関市川棚温泉が発祥の地で、元祖のお店「たかせ」が歴代の味を守り続けています
下関市の鄙びた温泉宿が連なる川棚温泉は「下関の奥座敷」と言われ、地元の人々のみならず、かの著名な山頭火や毛利候に愛された名湯です。

今回は名湯で生まれた名物グルメ「瓦そば」の由来、食べ方、元祖のお店「たかせ」について、がっつり地元民のわたしがご紹介します♪

瓦そばと一緒に温泉もどうぞ・名湯川棚温泉の由来や温泉銭湯「ぴーすふる青竜泉」はこちら

「瓦そば」ってどうして瓦に載っているの?

明治10年に起きた西南の役において、薩摩軍の兵士たちが長い野戦の合間に瓦を使って野草や肉などを焼いて食べた、という話にヒントを得て出来上がったのが、瓦の上に乗った「瓦そば」です。

1961年、当時川棚温泉で旅館を営んでいた高瀬慎一が、旅館のお客様向けのお料理に開発したとされています。だんだんとその珍しさや美味しさから川棚温泉街の他の旅館にも広まって、川棚温泉の名物グルメになりました。

薩摩軍の人たちのアイデアもすごいですし、その話を聞いて茶そばを瓦で焼いてみようと思いついたのもびっくりですね・・・!

川棚名物・元祖たかせの「瓦そば」

県内外に瓦そばに似たメニューが提供されているお店は多々ありますが、元祖瓦そばはここ「たかせ」です。

熱々の黒い瓦の上でジュウジュウ音を立てて焼ける、宇治茶を練りこんだ緑の茶そば・・・。その上には美しい薄黄色の錦糸卵と刻んだ小葱、そして上品な牛肉の細切れ、海苔がきれいに盛り付けられています。

ネギは地元下関産、海苔は宇部市の海苔を使っているそうですよ。山口県産の薬味を使っているなんて、地元民はますます嬉しくなりますね♪(写真は3人前です。)

さらにレモンの薄切りが添えられ、その上にオレンジ色のもみじおろしが・・・。ああ色彩鮮やかで美しい・・・。見た目にも、とっても目をひいてインスタ映えする瓦そばです!と言っても、見た目だけではありません。味も、ものすごーく美味しいんですよ!!

その食べ方は??

初めて瓦そばを食べる方は、いったいどうやって食べたらいいの?と戸惑うのではないでしょうか。わたしは食べ方がわからなくて、初めは友達に教えてもらいながらでした。

まず、一枚の瓦に数人前一緒に載ってきます。見た目とっても豪華ですね~ ^^
わたし、これには最初びっくりしました!
子どもたちと3人で行って皆が瓦そば頼んだら、上の写真のようにまとめて盛られてくるということになります。
この1枚の瓦に載っているおそばを、それぞれが取り分けていくようになります。

瓦そばにはそばつゆがついています。テーブルに置いてあるポットに温かいつゆが入っていますので、それを器に注ぎます。このそばつゆ、カツオと昆布だしをきかせていて、少し甘めの美味しいお味なんです。

そして、「たかせ」のおススメの食べ方によると、はじめはレモンともみじおろしは避けて、そばだけをつゆにつけて食べてみてください。まずはそのもののお味から、ですね。

それからもみじおろしとレモンをつゆに溶かします。このもみじおろしが味のいいアクセントになるんです~^^ちょっと辛いので、お子様は様子をみてくださいね(うちの10歳の娘はダメでした)。

さてさて、そのお味は?

さあ、食べてみたそのお味はと言いますと・・・もう、絶品です

うちは時々スーパーで売られている瓦そばを買ってホットプレートで調理するのですが(山口県民は家庭で瓦そば、よくやるんですよ^^)、当たり前ですけど、元祖はぜんっぜん味が違います。家庭の味ではなく、プロの味です(笑)

(家庭ではこんな感じです・・・)

なんといえばいいんでしょう、そばも牛肉も玉子もネギも、すべてが調和している。牛肉が肉だ!と主張することもなく、ネギが薬味だ!とでしゃばることもなく、すべてがそばを楽しむために助け合っている。そんな感じなんです。

そしてそばの歯ごたえの良さと、食べ終わりに近づくにつれて程よく焦げるあのパリパリした食感・・・たまりませんっ

 

元祖瓦そば「たかせ」店舗詳細

「たかせ」は川棚温泉街付近に3店舗(本館、南本館、東本館)あり、さらには下関市内にあるゆめシティ新下関店、関門海峡を挟んだ福岡県北九州市にある門司港レトロ店があります。

山口県ではなくても瓦そばを食べられるお店は多いかと思いますが、ぜひ、ぜひ山口にお越しの際には、川棚温泉で元祖「たかせ」の瓦そばをご賞味ください! 見た目にびっくり、その味に感動すること間違いなしです!!
ちなみに、瓦そばと並んでうなめしも「たかせ」の名物です。こちらもどうぞ^^

瓦そばと一緒に川棚温泉のお湯もどうぞ・川棚温泉と温泉銭湯ぴーすふる青竜泉についてはこちら

川棚本館、南本館、東本館の住所

下関市豊浦町大字川棚5437  電話 0837-72-2680

→住所表記は同じ番地ですが、少しずつ場所が離れています。本館と東本館は川棚温泉街、南本館は県道40号線沿いになります(徒歩圏内です)。

川棚本館

このお店から瓦そばが始まりました!!
築約100年の建物を、昔の面影を残したまま改装した店舗です。歴史を感じながら、瓦そばをいただけます。

(川棚温泉観光協会公式サイトより)

定休日  毎週木曜日、金曜日(祝日の場合は営業)
営業時間 11:00~20:00(最終受付19:30)
1F:お座敷34名・テーブル席18名 2F:テーブル席16名

川棚東本館

東本館は個室(お座敷)が完備されています。中庭を見ながらゆっくり食事を楽しめます。

定休日  毎週月曜日、火曜日、水曜日(祝日の場合は営業)
営業時間 [木曜〜日曜]11:00~20:00(最終受付19:30)
お座敷64名 テーブル席32名

川棚南本館

南本館にはお土産コーナーもあります。広々したテーブル席で頂ける、気軽に瓦そばを楽しめる店舗です。

定休日 なし
営業時間 [月~金曜日] 11:00~15:00(最終受付14:30)
   [土、日曜日] 11:00~20:00(最終受付19:30)
1F:テーブル席 66名、2F:大広間(繁忙期のみ) 80名

ゆめシティ新下関店

大型ショッピングセンター・ゆめシティの1Fにある店舗です。
お買い物ついでに、気軽に瓦そばを楽しめます^^

下関市伊倉新町3丁目1-1  1F   電話083-250-7337

定休日 なし
営業時間 [月~木]11:00~21:00 (20:00最終入店、オーダーストップ)
     [通常営業]11:00~22:00 (21:00 最終入店、21:15 オーダーストップ)

門司港レトロ店

門司港レトロの街並みの中にあり、関門海峡を眺めながら瓦そばを頂けます。

福岡県北九州市門司区港町5-1海峡プラザ西館2F  TEL 093-322-3001
定休日  毎週水曜日(祝日の場合は営業)
営業時間 11:00~20:00(19:30 オーダーストップ)
※GW期間中、夏休みは21:00(20:30 オーダーストップ )
テーブル席 62名、掘り座敷 58名

まとめ

今回は山口県を代表するグルメ・元祖「たかせ」の瓦そばを由来や食べ方とともにご紹介しました。

川棚温泉付近はよく通るのですが、お店の前を通るといつも車が多く、店外で順番待ちする人がしょっちゅう見られます。(で、今日も多いなあ、またにするかー、とあえて通り過ぎる地元民・・・)。
お店の繁盛ぶりを目の当たりにするたびに、こんな近くに山口県の有名グルメがあるんだなー、と実感。なじみの場所がにぎわってるって、ぶち嬉しくなります(*^^*)

山口県ではなくても瓦そばを食べられるお店は多いかと思いますが、ぜひ、ぜひ山口にお越しの際には、川棚温泉で元祖「たかせ」の瓦そばをご賞味ください! 見た目にびっくり、その味に感動すること間違いなしです!!
ちなみに、瓦そばと並んでうなめしも「たかせ」の名物です。こちらもどうぞ^^

瓦そばと一緒に川棚温泉のお湯もどうぞ・川棚温泉と温泉銭湯ぴーすふる青竜泉についてはこちら