防府市、周防国分寺のすぐ近くにある「スマイルほうふ」
道の駅ではありませんが、ゆったりした駐車場とたくさんの特産品が置いてある直売スペースにレストランが併設されています。
周防国分寺や毛利氏庭園といった観光名所に近いので、特産品のお買い物と合わせて観光拠点としても楽しめる、一粒で二倍おいしいお店です。
それに、防府市が認定する「幸せますステーション」の第一号認定店でもあるんですよ。

そんなお買い物にも観光にも便利な「スマイルほうふ」に行ってきましたので、直売所やレストランの様子をじっくりご案内します。

直売スペース 

農産品コーナー

お店の中に入ると・・・売り場が広いですね~。野菜や地元特産品がたーっくさん並べられています。たくさんありすぎて、目がウロウロしちゃう()

入って右側には地元の新鮮な産直野菜がたっぷりと。
野菜の他、お米やお花も。これはご近所の方が買いに来るのは頷けますね。

山芋の赤ちゃん「むかご」や自然薯、徳地産の「山のいも」、秋吉台名産の美東ごぼうなど、季節を感じたり地域ならではの農産物が。
むかごや自然薯とか、大好きなので見てるだけで嬉しくなってきます。
ほかにもカリフラワーの一種であるロマネスコというめずらしい野菜など、お野菜は盛りだくさん。

農産物コーナーには農大コーナーがあって、防府市内にある山口県立農業大学校の学生さんが育てた旬のお野菜や果物が、毎週水、金に並ぶんだそう。
わたしたちが行ってみたのは土日だったので農大生さんのお野菜に出会うことができませんでした。

加工食品コーナー

県内で作られた調味料やお酒類、防府市内のお菓子屋さんが作ったお菓子、ういろう、お弁当など、たくさんの加工食品が取り揃えられています。見てるだけで面白いです。
ちょっと気になった商品をご紹介^^

長門ゆずきちや夏ミカンなど、山口県の特産品を使った調味料もたくさん。あ、面白い調味料を見つけました。

「せわぁない」って、県外の方にはわかるでしょうか?もしかしたら、聞いた覚えがあるなーって方もいるのでは・・・?
そう、2015年に放映された大河ドラマ「花燃ゆ」のなかで、主人公・文さんのお母さんがよく口にしていた、あの言葉です!覚えていらっしゃいましたか? 

「せわぁない」は日ごろよく使う山口県の方言で、「大丈夫大丈夫、たいしたことないから」みたいな意味の言葉です。(この「せわぁない」は調理用万能タレです)

ちなみにこの商品を作ってる白法山(びゃくほうやま)は、岩国市玖珂町にある知る人ぞ知る焼き肉、しゃぶしゃぶ、ちゃんこの名店なんだとか!
店主の方は元力士さんで、白法山とは力士時代のしこ名なのだそうです。引退した後に、郷土山口に戻って食の道へ・・・今は長男さんと親子で頑張っていらっしゃるのだとか。
ちょっと目にした商品に、こんなストーリーが隠されてたなんて・・・使ってみたくなりますね。

あら、これはお味が気になる・・・。山口地ビールカレーは、2018年6月に新発売した地ビールカレーなんだそう。とても濃厚なお味なんだとか・・・気になる方はぜひ、手に取ってみてくださいね。

ということで、山口県にはおいしい地ビールがあるんですよ^^自然豊かな山口市鳴滝の銘水で作る、モンドセレクション最高金賞を受賞した地ビール。カレーもですが、ビールもどうぞ^^

温暖な瀬戸内海に面した防府市は、水産加工品が名産品。市内には練り物のお店が数多く存在します。

この「ぎょばーぐ」は水産加工会社・松富の人気ナンバーワン商品「ぎょろっけ」がハンバーグになったものなんです。
化学調味料、保存料を使っていない、やさしいお味ですよ。お子様にもお弁当にもぜひぜひ♪

そして女性が大好きなはちみつも。

山口県東部に位置する温暖な気候の周防大島でとれた、周防大島産100%のはちみつ。島在住の内田さんご夫妻が丁寧に作っていらっしゃいます。
この「島のはちみつ」、最も美味しい初夏のはちみつを瓶詰めしているからこそのさわやかな甘み。そして非加熱・無添加・無加糖の「生はちみつ」なんだそう。

こちらも周防大島産。瀬戸内ジャムズガーデンのジャム

果実づくりからこだわり添加物に頼らずに手作りした旬のジャムは、周防大島の土地ならでは、収穫時期ならではの味を生かしたジャム。種類も豊富で選ぶのも楽しそう。

島のはちみつもジャムズガーデンのジャムも山口県の自然を生かした、そして身体に優しい人気商品。
わたしも山口県の温かみが詰まったはちみつとジャム、プレゼントにいいなあ~と贈りたい方の顔が浮かんできました。今度、プレゼントに選びに行ってきます^^

わたしはよくこのスマイルほうふで、県外の知り合いへのプレゼント(食べ物が多いんですけどね)を買います。たくさんの山口県ならではの加工食品からどれにしよう~と迷うのが楽しくて。迷って選びきれないこともたまに・・・(-_-;)というぐらい、商品をじっくり見ていくとおもしろいですよ。

他にもいろいろと県内だからこその加工食品がいーっぱいなんですが、このあたりで。

幸せます商品コーナー

忘れちゃいけない、もちろん防府市オリジナルブランド「幸せますグッズ」もありますよ!
「幸せますグッズ」は、山口の方言「幸せます」(ありがたいです、助かりますなどの意味)をグッズにしたものです。

薄いピンク色がとってもかわいいんですよ。
「幸せます」商品、県外の方へのお土産によく購入してます。

こんなかわいい陶器のしゃもじたてやおたまもあるんですねえ。
スマイルほうふには「幸せます」商品の種類をたくさんは取り揃えてないようですが、ほかに箸置き、ブレスレット、鉛筆セットなどがありました。

毎年恒例・壺焼き芋! 

10月から4月ごろまで、レジ横の大きな壺で焼いた焼き芋が販売されています。
娘の同級生はここの焼き芋が大好きで、お母さんとしょっちゅう買いに来てるんだとか。

 (スマイルほうふ公式HPより参照)

そんな話を周りで何件も聞いたので、これは食べてみたい、とサツマイモ大好きなわたしも買いに行ってきました・・・が、ちょうど焼き始めたばかりで硬すぎるということで、買えませんでした( ;∀;)
娘に買って帰ると約束したのに・・・。
う、またはちみつとジャム買うときに再チャレンジしてきます。

防府天満宮前にあるまちの駅・うめてらすにも山口県の名産品、防府市オリジナル商品が数多くありますが、うめてらすにはない山口の名産品や特産品がこちらの直売コーナーにはたくさんあります!
県内産のお肉や魚介類も取り扱っていて、山口県産品スーパーみたいな感じかも?

ランチはレストラン・プラスワン

スマイルほうふにはレストラン・プラスワンがあります。

店内には木のテーブルと椅子がそろい、広々としたくつろぎやすい空間です。
メニューも豊富で、地産地消にこだわった新鮮野菜を使ったボリュームのあるランチを頂けます。

「山本お母さんの親子丼」が人気№1なんだそう(写真右上)。気になりますねえ。
こちらは食券制になっていますので、まずは店内に入る前に券売機で食券を購入します。わたしと娘が行ったときには、ランチはすでに売り切れ!・・・残念( ;∀;)

赤く点灯しているのは、全部売り切れの×でした。ランチのお客さん、多かったんですかね~、うう。
なので、この日はせっかくだし、ソフトクリームを頂きました。焼き芋もランチもなんかタイミング悪かった~。
今度は焼き芋も、山本お母さんの親子丼も食べたいなぁ・・・食べすぎですね汗

プラスワンにはお店の外、券売機のとなりにテイクアウトコーナーがあります。気軽にソフトクリームやコーヒーを頂いていけますよ。

スマイルほうふ 施設情報

幸せますステーション スマイルほうふ
747-0028  防府市東松崎町5-26  TEL 0835-28-8349
《営業時間》 83016:30
《駐車場》あり(無料)

レストラン・プラスワン
《営業時間》11001600(オーダーストップ:15:50)、ランチタイム11:00~14:00
《定休日》月曜日

まとめ

初めてスマイルほうふに行ってみた時、直売コーナーがとっても広いのにびっくり。
品数が充実していて、こんなにもまだ知らない特産品が山口にはあるんだ~、防府ではこんなお菓子も作ってるんだ~と、地元民でも新たな発見がたっぷりで、とっても楽しめました。
もちろん、県外の方には防府市、そして山口県を特産品をとおして楽しんでいただけるスペースです。

ぜひ、防府市観光においでの際は、地産地消、人との交流、地域振興の拠点であるスマイルほうふにお立ち寄りくださいね^^