山口県防府市にある春日神社は、大平山の麓に鎮座する神社です。いくつかの見どころがある神社ですが、そのひとつに、見に来られたら幸せな気持ちになること請け合いの季節限定・人気スポットがあるんです。また独特のキャラクターもあったりして、とても特色のある神社です^^

今回はそんな防府市・春日神社の由緒、見どころ、年中行事をご紹介しますね。

春日神社の由緒

春日神社という名は、各地で聞いたことがあるかと思います。山口県でも、萩市、山口市、防府市、下関市などに春日神社が存在していて、日本全国ではおよそ1000社あるんだとか。びっくりですね!

その数多く存在する春日神社は、すべて奈良にある春日大社が総本社となっています。どの春日神社も、春日大社から分霊を受けた神社なんです。

防府の春日神社は1186年、周防国司として下向された藤原氏が、その祖神である奈良の春日大社のご分霊をお祀りされたのが始まりと伝えられています。
春日大社が創建されたのが768年ですから、防府に春日神社ができたのはおよそ420年後のことなのですね。その後、東大寺再建に取組んだ重源(ちょうげん)上人により、阿弥陀寺の建立にあたって再建されました。

どの春日神社にも、春日大社から勧請を受けた春日神をお祀りしています。お祀りしている春日神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)、 斎主命(いわいぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと) 、比賣神(ひめのかみ)の4神です。

武甕槌命は武神、雷神で相撲の元祖ともいわれています。また、神鹿に乗ってやってきたと言われているため、春日神社には狛鹿がいらっしゃるんですよ^^凛々しくて、でも可愛いですよね。

見どころ

防府の春日神社には、他の春日神社にはないステキな見どころスポットがあるんです。それはこちら・・・

春の人気スポット・ハートの桜

参道の入り口左側にある陽光桜の木は、花が咲くと可愛いピンクのハートの形に見えることでとっても有名です。

開花時期には幸せのハートにあやかりたい、と老若男女問わずたくさんの方々が訪れます。わたしもはじめて見た時は、あまりの可愛さに年甲斐もなくキューンとなってしまいました^^ もちろんインスタ映えスポットですから、カメラを持った方々も大勢です。

開花期間中は夜間ライトアップも行われます(2020年は3月20日から22日、雨天中止、18:30~21:00)ので、お見逃しなく!開花状況によってはライトアップ期間の延長もあるそうです。
桜の開花状況、夜間ライトアップ日程については、春日神社ホームページツイッターにてご確認のうえ、満開の時期に見にいらっしゃってくださいね。

また、ハート桜の御守も数種類あります。小さな幸せがたくさん訪れるようにとの願いを込めたハート桜の御守。人と人や人とものなど、さまざまな結びつきを願う、むすひ御守など。むすひ御守にはハート桜の絵が織り込まれています。

ぜひ、ハート桜の願いのこもった御守も手にとってみられてくださいませ。

神社のトレードマークが鬼!例大祭も鬼祭り?

こちらの春日神社、神社のマークが鬼なんです。しかもそんなに怖そうじゃなくて、ちょっとかわいい感じの、味のある鬼さん(^^)ホームページや神社の看板にもかわいい鬼のマークがついています。

どうして神社のマスコットキャラクターが鬼?って、思いますよね!神社の方に聞いてみたところ、春日神社では長いこと鬼さんが厄除けや魔除けの役割をされてきたそうです。

神社では地区の子どもたちが鬼の面を作る「鬼面教室」が40年以上も続いていて、その鬼の面をかぶった鬼が、秋の例大祭で天下泰平・五穀豊穰を祈願してねり歩きます。教室で作られた鬼の面は奉納されていて、見ることができます^^玄関に飾っているお宅もありました。

(秋の例大祭にて)

例大祭も通称「鬼祭り」と言われていて鬼が主役。こちらの春日神社と鬼は、切っても切れない関係なんですね。そのため春日神社では、長い間慕われてきた鬼がマスコットキャラクターになっているんですね!

また地元の子どもたちで作られた「春日少年鬼太鼓」もあり、秋の例大祭や地元のおまつりなどで演奏しています。

大寒みそぎ

こちらの春日神社では1月の極寒の時期に「大寒みそぎ」が行われます。2019年には1月の20日から3日間、早朝と夕方の1日2回、計6回が行われました。

(境内奥にある禊所)

社務所の裏にある禊所に井戸水を張り、その中に男性はふんどし一丁、女性は白衣で1分間入水します。みそぎとは、水の霊力によって身を清める神事なのだそう。自分を厳しく鍛えることによって強く健全な心身をつくる「行(ぎょう)」なんだとか。

一年の初めに身を清め、健全な心身をつくる・・・なるほどです。

この時期になるとテレビのニュースでその様子が流れますが、正直もう見てるだけで「なんで寒いのにわざわざ冷水に浸かるの~~っっ!!」て思っちゃってました・・・。毎年全回参加している方もたくさんいらっしゃるとか。参加する方々、心から尊敬します。

一年の初めに自らの心身を鍛えたい方は、春日神社の大寒みそぎ、申し込み方法、御初穂料については春日神社ホームページでご確認くださいね!

御朱印

御朱印は社務所にて受付、書置きにて頒布しています。

通常御朱印は御初穂料300円、季節によって書かれている内容が変わるのだそうですよ。今回わたしが頂いた御朱印には「一路順風」と書かれていました。

また2019年にはハート桜の開花時期に合わせて、この時期限定の特別御朱印も用意されていたそうですよ。わたしは気づいてなくて、残念でした・・・。「結」と書かれ、桜の花びらを模した色紙が張られている可愛らしい限定御朱印。来年度以降も毎年頒布されるといいですね^^(2020年も特別御朱印頒布あり、枚数限定だそうです)

☆春日神社

〒747-0004  山口県防府市大字牟礼1354、TEL 0835 -38-1185

・交通アクセス   
車の場合  (下関方面から)山陽自動車道防府西ICより車で15分 、(岩国方面から)山陽自動車道防府東ICより車で15分  
バスの場合  JR防府駅天神口から防長交通バスで阿弥陀寺行き、およそ20分(農業大学入口下車)
・駐車場 あり(阿弥陀寺方面へまっすぐ行って左側にあり)

まとめ

防府市にある春日神社の由緒、見どころについてご紹介しました。

ハートの桜と鬼など、とっても素敵なスポットと独特のキャラクターを持った春日神社。ぜひ、防府市に来られる際には足を運んでみられてくださいね。

特に春の、ハート桜が満開の頃をおススメします^^