こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^

もうすぐ令和3年を迎えますね。
新しい年は希望の溢れた年になりますよう、あらたな清々しい気持ちで迎えたいですね。
若い頃はよく、寒い中友人と初日の出を見に行っていました。初日の出はやっぱり特別ですよね!
そこで今回は山口県内の車でも気軽に行ける初日の出を拝めるスポットと、初日の出時間、初日の出の意味について調べてみました。

火の山山頂公園(下関市)

火の山山頂公園は日の出とともに瀬戸内海と日本海、関門海峡を見渡せる絶好の初日の出スポットです。
元旦は例年、早朝5時からパークウェイ(無料)を特別営業します(通常は8時~21時営業)。

山頂公園は広く、立体駐車場も無料で280台ちかく駐車できます。
人気の初日の出スポットとあって訪れる人も多く、パークウェイに入る入り口周辺の道路は混雑します。ご注意ください。

また火の山は標高268mと比較的低く、遊歩道が整備されているので徒歩でも山頂公園まで登ることができます。
所要時間はおよそ1時間です。

所在地 下関市みもすそ川町
問い合わせ先 083-231-1838(下関市観光施設課)
アクセス 下関ICから車で10分
駐車場 普通車276台、バス8台、障害者専用10台(障害者専用は山頂公園のトイレすぐ近く)
日の出時刻 例年7時20分ごろ
その他 ロープウェイは冬季運休。自販機あり。トイレは山頂公園、立体駐車場屋上にあり

海峡ゆめタワー(下関市)

令和3年の下関海峡ゆめタワーでの初日の出は、事前申し込み制になっています。
事前に申し込まれた60名の方限定で早朝6時半から8時まで、タワーの28階か30階で初日の出を楽しむことができます。

料金は大人1000円、小人(小中学生)700円、65歳以上の方と高校生は700円(要証明)。
郵送、メール、FAXでの申し込みになっています。募集期間は11月25日から12月15日。
詳しくは下記の海峡ゆめタワー公式HPにてご確認ください。

所在地 下関市豊前田町3丁目3-1
TEL、FAX 083-231-5877(9時半~17時)
アクセス 下関ICから車で10分
駐車場 150台駐車可能、タワー来場者は5時間無料
日の出時刻 例年7時20分ごろ
その他 令和3年は事前申し込み制です。詳細は海峡ゆめタワーHPにてご確認ください。

大平山山頂公園(防府市)

防府市東部にある大平山は標高631m。
山頂にある展望広場からは防府の街並みがはるか眼下に見下ろせ、さらには九州の国東半島がうっすら見えることも。
元旦の早朝にも、美しい景色と初日の出を拝みに多くの方が訪れます。登山道もありますので、初登山をされる方もいらっしゃいます。

ロープウェイがなくなったので、車で山を登ります。国道2号線から大平山山頂までの所要時間は15分ぐらいです。
山頂には広い駐車場がありますのでご安心ください。
駐車場から展望広場までは距離があり、4~5分歩くようになります(道は舗装されています)。

所在地 防府市牟礼138-4
問い合わせ先 0835-38-0762(大平山山頂公園事務所)
アクセス 山陽自動車道徳山西ICから防府方面へ車でおよそ25分
山陽自動車道防府東ICから車でおよそ20分
駐車場 山頂200台近く
日の出時刻 7時19分ごろ
その他 バリアフリートイレあり、自動販売機あり

千畳敷(長門市)


標高333mから見渡す絶景が人気の千畳敷は、初日の出スポットとしても大人気。
草原も駐車場もとても広くトイレや自販機も完備してあるので、安心して初日の出を拝むことができます。
風車の向こう側からのぼる初日の出、美しいです。そして懐かしい・・・。

国道191号線を千畳敷方面へ曲がるとコンビニはありません。

所在地 長門市日置中1138-1
問い合わせ先 0837-26-0708(長門市観光コンベンション協会)
アクセス 中国自動車道美祢ICから車で約50分
駐車場 200台(無料)
日の出時刻 例年7時20分ごろ

岩国城ロープウェイ山頂駅(岩国市)

2021年元日の初日の出早朝運転は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止とのことです。
年末年始は、9時~17時まで通常運転を行います。
>>岩国公式観光webサイト「岩国 旅の架け橋」内、岩国城ロープウェイ元旦運転中止ページ

例年元旦には6時30分からロープウエーの早朝運行を行っています。
あわせて山頂駅から徒歩8分の場所にある岩国城も6時45分から開城。標高約200mの山頂にそびえるお城の中から初日の出を拝めるのはうれしいですね。

眼下には錦帯橋、岩国の街並み、瀬戸内海からのぼる日の出を見ることができますよ。

所在地 岩国城ロープウェイ山麓駅 岩国市横山2丁目6-51
問い合わせ先 0827-41-1477(錦川鉄道株式会社)
アクセス 山陽自動車道岩国ICから車で約10分
駐車場 ロープウェイ山麓駅前に駐車場有(58台無料)、
錦帯橋河川敷に上河原、下河原駐車場あり(来客が多い時期は1日300円)
日の出時刻 例年7時ごろ
料金 ロープウェイ料金→往復 大人560円、小学生260円
岩国城料金→大人260円、小学生120円(ロープウェイ所要時間 約3分)
その他 トイレは山麓駅、山頂駅、岩国城にあり

初日の出を拝む意味は?ご来光との違いは?

年神さまは毎年正月にそれぞれの家にやってくる神さまです。
お正月の飾りは年神さまを迎えるためのもので、鏡餅は年神さまへのお供えです。

年神さまは日の出とともにやってくると考えられていたため、初日の出は年神さまの降臨を意味しています。
明治になってからは、元旦に見晴らしのいい場所からその年最初の日の出を拝むことが盛んになりました。ちなみにご来光とは、登山をして拝む初日の出のことなのだそうです。

明治より前は、元旦は年神さまを迎えるために家族で過ごし、四方拝と言って東西南北の四方向を拝んでいました。そういえば夫の実家にも四方拝の習慣があります。古くから伝わる習慣だったんですね。

まとめ

今回は山口県の初日の出を拝める、ご家族でもお友達とでも車で行けるようなスポットをご紹介しました。
若い頃は大みそかから家を出て初日の出を見て帰ったりしていたものですが、最近は家で過ごし四方を拝むようになっていました。
令和3年は家族で初日の出を見に行ってみたいですね。
みなさんも、令和3年が明るい年になりますよう、初日の出を拝みにいってみてはいかがでしょうか。
元旦が良いお天気に恵まれますように。