全国の中でも山口県岩国市にだけ生息する白蛇。その希少性から神の使いともいわれている白蛇は、「岩国のシロヘビ」として国の天然記念物にも指定されています。なんとその白蛇は、有名な観光地・錦帯橋のすぐ近くで見ることができるんです。

錦帯橋観光にいらっしゃったら、ぜひ一目見ていただきたい!
今回は「岩国のシロヘビ」のいわれ、錦帯橋近くで白蛇をみられる観覧所についてご紹介します^^

岩国のシロヘビ伝説 

白蛇と岩国

少し黄色がかった白い身体と、赤色の目が美しい白蛇は、アオダイショウが白化(生まれつき色素がとても少ない)したものです。
緑がかったアオダイショウと比べると、体が白くなるだけで全く印象がかわりますね^^

岩国に白蛇が誕生したのがいつかは定かではありませんが、400年前の関ヶ原の戦い以降、米の生産が盛んになったころから、米蔵のネズミを食べにきたアオダイショウが白化して白蛇が生まれるようになったのでは、といわれています。

歴史上の記載に初めて白蛇が登場したのは江戸時代中期です。見つけられた白蛇は漢方薬とされたり、また別の白蛇は名前をつけてかわいがられたとの記載が残っています。
米作とともに白蛇が見られるようになり、岩国の人々が白蛇を身近なものとして、ともに歩んできたことがわかりますね。

こうして時代を経る中で、白蛇は「幸運を呼ぶ家の守り神」「神様の使い」として人々に大切に保護されてきました

通常の白化は一代だけの遺伝子異常で終わるので、天然の白蛇は自然界にほとんど生息していません。
ですが、岩国ではこうした住民の白蛇に対する愛情のおかげで遺伝的にも白化が固定され、数が増えたといわれています。

大正13年には岩国市内の白蛇生息地域の数カ所が国の天然記念物に指定されました。その後、昭和47年(1972)に「岩国のシロヘビ」として国の天然記念物に指定替えされています。

今では市内6カ所に白蛇の飼育施設が設けられ、約1000頭の白蛇が生育施設で大切に飼育されています。

岩国シロヘビの館

 岩国市内には白蛇を見られる施設が数カ所ありますが、錦帯橋観光とともにぜひ立ち寄っていただきたいのがここ、2016年にリニューアルオープンした「岩国シロヘビの館」吉香公園内、ロープウェイ山麓駅のすぐ近くにあります。

(岩国市公式観光Webサイトより)

シロヘビの館には、岩国と白蛇の歴史の展示や、遊びながら白蛇のことを学べるクイズゲームコーナー、パネル展示があり、小さなお子さんから大人まで、だれもが白蛇について楽しく学べるようになっています。

もちろん館内では資料だけではなく、生きている白蛇を見ることができます(^^)
飼育ケースの中は白蛇の生育に適した、自然に近い環境を再現しています。

 なんででしょうね、アオダイショウは見てて「ん~・・・」となりますが()、白蛇は白い身体と赤い目の美しさに「わあ、かわいい~(^^)」って思っちゃいますよね。

また白蛇は弁財天の使いといわれ、開運や金運のご利益があるとされています。
日常では絶対にお目にかかることのない白蛇を目で見て、そのご利益にあやかりたいですね。一見の価値アリありです。
館内はそんなに広くないので、所要時間は展示や資料をじっくり見ても3040分くらいです。

なお、フラッシュを焚かなければ白蛇の写真撮影は可能です^^白蛇さんを驚かせないように、ですね。

「シロヘビの館」おすすめグッズ

シロヘビの館には売店があり、オリジナルグッズを販売しています。
やはり人気№1は、抜け殻のお守りです。財布に入れておくと金運アップのご利益があるそうですよ。
普通の蛇の抜け殻でも金運アップするといわれてますから、白蛇の抜け殻の効き目はどれだけでしょう・・・楽しみですね~♪

(岩国市観光振興課HPより)

そしてそして、なんともかわいいシロヘビ万十もあるのだとか!
幸運の白蛇をパクっと・・・^^これは気になりますね・・・。

岩国シロヘビの館

741-0081  山口県岩国市横山二丁目652号(錦帯橋より徒歩5分、吉香公園内ロープウェイ山麓駅前)
Tel. 0827-35-5303
開館時間 9時00分~17時00分
休館日  なし(保守点検のため臨時休館あり)、トイレ あり
料金   大人(高校生以上)200円、小中学生 100
セット券(錦帯橋・岩国城・ロープウェイ)を受付に提示することで、入館料金が2割引きになります。(大人160円、小中学生80円)

まとめ

 今回は錦帯橋観光に来られたらぜひ寄っていただきたい、岩国でしか見れない白蛇の観覧施設「岩国シロヘビの館」をご紹介しました。

岩国といえば錦帯橋、錦帯橋といえば岩国の白蛇です() ぜひぜひ錦帯橋、ロープウェイ、そしてシロヘビの館で白蛇をご覧になって、運気アップしていかれてくださいね~^^
この記事がお役に立てたら幸せます。

錦帯橋観光についてはこちらもどうぞ・錦帯橋観光周辺見どころ7選