こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^
山口の夏といえば、毎年8月6日、7日に開催される「山口七夕ちょうちんまつり」
パークロードや商店街アーケードに数万個の紅いちょうちんが飾られ、幻想的な祭りの雰囲気を盛り上げます。

なんたん
なんたん
青森のねぶた、秋田の竿灯と並ぶ、日本三大火祭りのひとつとされています
つぶた
つぶた
日本夜景遺産にも認定されているんだよ

今回は伝統ある山口七夕ちょうちんまつりの歴史や見どころ、日程やイベント内容、交通規制についてご紹介します。
※2020年に引き続き、2021年も開催中止が決定しました。

山口七夕ちょうちんまつりの歴史

ちょうちんまつりの起源は室町時代、山口が西の京として栄えた大内氏の時代にさかのぼります。

およそ600年前、第26代大内盛見は先祖の冥福を祈るため、お盆の夜に笹竹の高灯篭に灯りをともしました。
それがいつしか町民にも広がっていき、様々な変遷を経て今の「山口七夕ちょうちんまつり」になったと言われています。

つぶた
つぶた
8月のお盆前のおまつりなのに、どうして七夕まつりなの?
なんたん
なんたん
旧暦の七夕は8月のお盆前後なのよ。明治時代に8月7日に七夕祭りを開催するようになったんですって

長く受け継がれてきたちょうちんまつりですが、戦時中は自粛のため開催は中止。
しかし昭和25年に復活、時代に合うように形を変え、昭和54年、「山口七夕ちょうちんまつり」に改称、開催日も固定されて今のちょうちんまつりに至ります。
つぶた
つぶた
大内氏の灯篭から始まったおまつりが、今では街中がちょうちんで紅く染まるにぎやかなおまつりになったんだね
なんたん
なんたん
形は変わっても、ご先祖様を敬う気持ちは変わらないままよ

山口七夕ちょうちんまつりの見どころは?

ちょうちんの灯りは本物のろうそくの灯!

山口市街が紅い灯りで幻想的な雰囲気に包まれるちょうちんまつり。
驚くことにこのちょうちんの灯りは、本物のろうそくの火なんです
ろうそくが燃え尽きるまでのおよそ2時間、山口の街は紅く染められます。

つぶた
つぶた
まさか本物のろうそくだなんて、びっくり!
なんたん
なんたん
ろうそくならではの、優してく柔らかい灯りが街中を包んでるんですね

おまつりは2日間行われるので、前日の燃え残りろうそくを外して、新しいろうそくを設置。
倒れないように、ちょうちんのなかにろうそくをまっすぐしっかりと立てるのが大変なんだそうです。
ちょうちんは紙なので、時には燃え移って焼けてしまうこともあるそう。

今の時代に火を間近に感じられる祭りはそんなにありません。
このちょうちんまつりは貴重なお祭りですね。

目にも鮮やか、多様なちょうちん飾り

お祭りの間、市の中心部は様々な種類のちょうちん飾りで彩られます。

市の商店街や県道204号線沿い(湯田温泉通り)には、ちょうちん笹飾りがお目見え。
長い竿に40個近くのちょうちんをつけ、ろうそくの火が灯されたちょうちん笹飾りは、商店街のアーケード内に幻想的な赤い灯りのトンネルを作り出します。

一の坂川交通交流広場、湯田温泉の錦川通りには、背丈ほどのミニちょうちんツリーも。
ミニツリーには一般のお客さんたちもろうそくの火を灯すことができます。
火入れを体験できるなんて、びっくりですね^^

見逃せないのは、巨大なちょうちんツリー。
一の坂川交通交流広場には、高さ8メートル、およそ200個のちょうちんで彩られたちょうちんツリーが登場します(LED電球使用)。

ちょうちんとツリーが合体したちょうちんツリーは、史実にちなんだもの。
第31代大内義隆はフランシスコ・ザビエルにキリスト教の布教を許可しました。
山口では2か月の布教で500人近くがキリスト教の信徒になったと言われ、山口では日本で初めてのクリスマスが祝われたとの史実が残っています。

つぶた
つぶた
日本のクリスマスが山口で始まったことと、ちょうちんまつり両方をPRしてるんだね

さらにメインイベントで登場するのは、提灯神輿と提灯山笠です。
150個の提灯で飾られた三基の提灯神輿と大きな提灯山笠が、県道204号線とパークロードを巡行します(提灯神輿と提灯山笠も電灯です)。

つぶた
つぶた
昔の提灯神輿は、青森のねぶた並みの大きさだったんだって
なんたん
なんたん
老朽化のため廃止され、現在の大きさで復活したそうですよ

ねぶた並みの巨大提灯神輿、見てみたかったですね!
また山笠には、大内弘世の時代に明の使節趙秩が詠んだ「山口十境詩」が支柱に書かれています。
なんたん
なんたん
山口には大内氏の伝統と文化が色濃く残っているんですね

その他にも、祭りを盛り上げるステージイベントなども開催されます。

山口七夕ちょうちんまつりの日程、会場

日程:例年8月6日~8月7日(予定)17時半~21時半まで
会場:パークロード、山口市商店街、亀山公園、湯田温泉など

※雨天の場合はちょうちん飾りやステージイベントが中止、変更になる場合あり。
問い合わせ先:山口市ふるさとまつり実行委員会 TEL083-932-3456

山口七夕ちょうちんまつり 例年のおもなイベント内容、スケジュール

※6日のイベント

ちょうちん笹飾り 18:30~21:30 中心商店街、大殿、一の坂川交通交流広場、一の坂川、県道204号線
ちょうちんツリー 18:30~21:30 一の坂川交通交流広場
提灯山笠、提灯御輿 20:00~21:00 県道204号線、パークロード
ミニちょうちんツリー 18:30~21:30 一の坂川交通交流広場、ほたる広場
yab舞楽祭 19:00~21:30 亀山公園特設ステージ

※7日のイベント

ちょうちん笹飾り 18:30~21:30 中心商店街、大殿、一の坂川交通交流広場、一の坂川、県道204号線
ちょうちんツリー 18:30~21:30 一の坂川交通交流広場
提灯山笠、提灯御輿 20:00~21:00 県道204号線、パークロード
ミニちょうちんツリー 18:30~21:30 一の坂川交通交流広場、ほたる広場、錦川通り
DANCE WAVE やまぐちMINAKOI のんた 17:30~21:30 亀山公園特設ステージ、県道204号線、パークロード

上記に記載しているスケジュールは2019年のものです。
2021年は変更になる場合もありますので、イベント内容の参考にしていただけると幸いです。

山口七夕ちょうちんまつり 交通規制、駐車場は?

例年の交通規制

例年6日7日の両日とも、18時半から22時の間は交通規制が実施されます。

JR山口駅前からパークロードまでと、県道204号線、中心商店街が車通行止め、歩行者天国になります。
また7日の18時から22時の間、湯田温泉の錦川通りと、「狐の足あと」前の湯の町通りが通行止めになりますので、来場の際はお気をつけください。

駐車場は?

駐車場は市内の有料駐車場に加え、祭りに合わせて臨時駐車場が開設されます。

有料駐車場

山口市中央駐車場、中市第二駐車場、大市駐車場、井筒屋駐車場などがあります。

山口市中央駐車場

中市第二駐車場

大市駐車場

井筒屋駐車場

臨時駐車場

臨時駐車場は、17時半から23時までの開設になります。
23時以降は施錠されますのでご注意ください。

山口県埋蔵文化財センター

山口県立図書館

県教育会館

イベントの詳細や交通規制図などは、山口七夕ちょうちんまつりの公式サイトにて確認できます。
事前にサイトをご覧になられてくださいね。
>>山口七夕ちょうちんまつり公式サイト

まとめ

今回は山口七夕ちょうちんまつりをご紹介しました。
若い頃、夜の闇の中、紅く照らし出された商店街のアーケードを、不思議な気持ちになりながら歩いたのを思い出します。
日常のアーケード内とは全く違う幻想的な雰囲気に酔いしれて、いつもは買わないアクセサリーをお店で買っちゃったりして。懐かしいです。

昨年は感染症対策でお祭りは中止でしたが、地元の皆さんの発案で、「おうちでちょうちんまつり」が取り組まれました。
あっという間に用意されていたちょうちんがなくなってしまったそう。山口のみなさんの夏にちょうちんまつりが深く根付いているのを感じます。
今年は山口の夏の風物詩、山口七夕ちょうちんまつりが開催されますように。
子どもたちにも紅いちょうちんを見せてあげたいです^^