寒くなると、こたつに入って食べたくなる「みかん」。
最近は種類もかなり増え、春先までの長い間、さまざまな品種のみかんを味わえるようになってきましたね。

山口県は周防大島をはじめ、みかん栽培が盛んですが、防府市のブランドみかんがあることをご存じでしょうか?

その名も「天神みかん」
日本最初の天神さまがある防府を代表するみかんにふさわしい名前です!

つぶた
つぶた
どんなみかんなんだろう!
食べてみたいね

この記事では、防府市の「天神みかん」について、どんなみかんなのか、味や販売している場所などについてご紹介します。

天神みかんとは?

じつは防府市は、山口県内でみかんの収穫量が第3位!
みかん栽培が盛んで、西浦地区には観光みかん園もあるんですよ。

天神みかんは「日照条件や斜面の向きなど、栽培に適した農園で育てられ、糖度12度以上で酸味が少ない特別なみかんです」。(天神みかんパンフレットより)
糖度12度以上に加えて、酸度1.1度以下のみかんだけが、天神みかんとして選ばれるそうです。

一般的に、おいしいと感じられるみかんは、糖度11度以上とのことで、糖度12度以上は、かなり甘くておいしいみかんということですね!

防府で数多く栽培されたみかんの中でも、選りすぐりのエリートみかん。
春から暑い夏にかけて細かい管理を行い、大切に育てられてきました。

なんたん
なんたん
台風や夏の日照不足など、厳しい気象条件を乗り越えて、防府のみかんの中でも特別な「天神みかん」になったんですね

また天神みかんは、山口県エコファーマー(土づくり、化学肥料・農薬の低減に取り組んでいる農家)に認定された農家さんが栽培されていらっしゃいます。

なんたん
なんたん
農薬など管理されているので、安心して食べられますね
つぶた
つぶた
昨年は7軒のエコファーマー農家さんが天神みかんを栽培していたそうだよ

天神みかんのお味は?

昨年に引き続き、12月中旬から、防府天満宮の参道入口にある「まちの駅うめてらす」にて、贈答用パッケージが限定販売されています(昨年の108個より多く販売予定)。

かわいいみかんが、とっても高級感あふれるデザインの箱に入っています!

つぶた
つぶた
深い紫色の箱に、みかんのオレンジ色がよく映えてるね
なんたん
なんたん
見ているだけで、どんな味なんだろうとワクワクしてきますね♪

お味がとっても気になったので、お使い物として購入してみました(自分たちもいただくんですけどね)。

ころっと平たい形で、発色のよいみかん。
皮をむいても、形も色もとってもきれいです!

なんたん
なんたん
ほれぼれしちゃいます~
では実食・・・。

口に入れてすぐは、ものすごい甘さを感じたのですが、そのあとにほのかな酸味が合わさってきます。
甘さと酸味がちょうどよく合わさって、ただ甘いだけの平たい味ではない、奥の深い甘みを感じられました。

つぶた
つぶた
うーん、おいしい!コクがある甘さとはこのことだね♪
房を包む袋も、硬すぎず柔らかすぎず。
ちょうどよい食感です^^
なんたん
なんたん
農家さんがとても手をかけて、大切に育ててきたことが伝わってくる味です~

防府のみかんを代表する「天神みかん」。
本当においしいみかんです!

贈答用「天神みかん」情報

内容量 1箱5個入り
価格 1000円(税込)
販売場所 まちの駅「うめてらす」お土産コーナー
※レジに向って左手に天神みかんコーナーがあります。
販売期間 12月中旬~翌年1月下旬(予定)
※みかんが傷つくのを防ぐため、ネットでの販売は行っていないとのことです。

つぶた
つぶた
贈答用天神みかんを手に入れるには「うめてらす」に行くしかないんだね
天神みかんは、JAの年末贈答用や地元の市場へも出荷されるそうです。

まとめ

今回は防府のブランドみかん「天神みかん」をご紹介しました。

じつは天神みかんが気になっていたものの、食べるまでは、甘さやおいしさを全然想像できていませんでした。
みかんがこんな立派な箱に入っているなんて、不思議だなあと思ったりして。

でも、食べてみてその思いはコロッとひっくり返りました!

やっぱり、手間ひまかけて育てられたみかんは違いますね。
奥深いコクのある甘さをじっくりと味わいました^^
外箱も、天神みかんにぴったりです。

年末年始、防府天満宮においでの際は、お土産にぜひ!おすすめします^^
防府市内の方も、親戚やお友達への手土産にいかがでしょうか。