暑くなると、涼を求めて自然の中におでかけしたくなりますね。

美祢にある水神公園は、毎年そうめん流しが開催され、夏にはたくさんの親子連れでにぎわうスポット

自然いっぱいの公園でのそうめん流しに、子どもは大喜び。
大人もマイナスイオンをたっぷり浴びて、すっきりリフレッシュできますよ♪

なんたん
なんたん
娘を連れていったら、きれいな水や美しい緑に大喜び!
わたしもまた行きたい♪
この記事では水神公園のそうめん流しについて、公園の様子や駐車場、アクセスなどをご紹介しますね。

水神公園の場所、駐車場は?

水神公園があるのは、美祢市於福です。
国道316号線を美祢から長門方面に進むと、道の駅おふくを過ぎたあたりに、水神公園の看板があります。

看板に沿って国道を左折すると、そうめん流しの矢印や幟が出ていますので、わかりやすいですよ。

またJR美祢線於福駅からも近く、駅から歩いて10分程度です。

駐車場はこんな感じ。
広いですが、夏季は涼を求めてやってくる車でいっぱいになることもしばしばです。

所在地 美祢市於福町西寺
電話番号 0837-56-0817
開催期間 例年4月下旬~9月
※夏季は平日含む毎日営業、他の月は土日祝のみ
営業時間 10時~16時
※営業時間、開催期間は季節により変動します。
料金 そうめん1人前500円
駐車場 あり(無料)
アクセス 中国自動車道美祢ICから車で20分

水神公園の様子は?どんなところ?

駐車場からそうめん流しの場所までは、坂道を500mぐらい歩くことになります。

つぶた
つぶた
けっこうな坂道でびっくりしたよ

木の階段や歩道は別に、舗装されたアスファルトの道もありますので、道を選んで歩けますよ。
ご安心くださいね。

少しきつい坂道を歩いていくと、東屋や川の上に架かる歩道が整備された公園が見えてきます。

思いっきり深呼吸したくなるような、マイナスイオンたっぷりの渓流。
このステキな雰囲気の中、どんなそうめん流しが待っているんだろうと、期待が高まってきます^^

なんたん
なんたん
お子さんたちが川で遊んだりするにはうってつけのスポットです

実際、そうめん流しの帰りに、たくさんのお子さんが水遊びされるそうですよ。
つぶた
つぶた
水遊びしてもいいように着替えなどをもって行くといいね

途中、滝もあってほんとに気持ちいいスポットです。
ずっとここでマイナスイオンを吸っていたい(笑)って気持ちになりました^^

初夏は新緑にそうめん流し、秋には紅葉もきれいだそうですよ。

そうめん流しメニューは?

濃緑の中、坂道をのぼり切ったところに、そうめん流しスポットがあります。
とっても風情がありますよね。

メニューはそうめんの他、おむすびやおでん、焼とり、玉子焼きなど。
お酒やジュースも用意されています。

なんたん
なんたん
やっぱりそうめんだけでは終わりませんね。
わが家も焼とりに玉子焼きにおむすび。ラムネも飲んじゃいました

そうめん流しレーンのすぐ脇には、水神様の滝が勢いよく流れ落ちています。
滝の流れ落ちる音を間近に聞きながらいただくそうめん。格別です♪

ジュースは滝つぼの水で冷やされているなんて。
この雰囲気だけでも、大満足ですね。

つぶた
つぶた
ここなら何を食べてもおいしく感じるね!
本当においしいけど(笑)

ちなみに、流れるそうめんはすくえなくても大丈夫。
出口に用意されているザルが、すくえなかったそうめんをキャッチしてくれています。
あとでゆっくり食べられますよ。

混雑状況は?

わたしが行ったときはシーズン終わりだったこともあり、すんなりそうめん流しを楽しめましたが、夏休み中は平日でもかなり混雑するそうです。

口コミによりと、夏季の繁忙期にはレジでそうめん流しを申し込んだ後、1時間待つ場合もあるんだとか・・・。

その間、お子さんは水遊びを楽しむもよし。
大人はお座敷で、焼とりやおでんを食べてまったり過ごすのもよし。

待ち時間も大自然の中で、たっぷりのんびり過ごせますよ。

まとめ

水神公園のそうめん流しをご紹介しました。
とにかく、緑と緑の木々が作る木陰、そして流れ落ちる滝が最高に気持ちいいスポットです。
そんな場所でいただくそうめん、おいしくないわけがありません!

空気がおいしいので、そうめんだけでなく、焼とりもおむすびもすべてが絶品。
この雰囲気を味わいに、何度でも訪れたくなります^^

そうめん流しなしでも、じゅうぶんに楽しめる水神公園。
ぜひ夏は涼を求めて、秋は紅葉を楽しみにいらっしゃってくださいね。

とてもきれいな場所なので、マナーを守って楽しみたいですね。