数多くある山口県の温泉の中でも、長門湯本温泉は山口県で最も古い温泉として、長い間地元の人たちに親しまれてきました。

CNNの“日本の最も美しい場所31選” に選ばれた元乃隅神社や、童謡詩人・金子みすゞの出身地・仙崎など人気の観光スポットがほど近い長門湯本温泉。観光がてら、ちょっと温泉で一休憩・・・という方も多いのではないでしょうか?

今回は、観光地にもアクセスのよい名湯・長門湯本温泉の由緒、泉質、そしておすすめ日帰り温泉と周辺散策スポット、これからの温泉街についてをご紹介します^^

長門湯本温泉にゆかりの深い、紅葉の名所大寧寺の見どころについてはこちら

山口県最古の温泉・長門湯本温泉

山口県の温泉の中でも「防長四湯」(湯田温泉、湯本温泉、川棚温泉、俵山温泉)のひとつである湯本温泉。

山あいの温泉街の真ん中を清流・音信川(おとづれがわ)が流れ、初夏にはホタルが舞い、水の音や緑の木々の葉ずれの音に癒される・・・心安らぐ昔ながらの温泉地です。

長門湯本温泉の歴史は古く、およそ600年前、室町時代にさかのぼります。1427年、湯本温泉にある大寧寺の住職が、下関一ノ宮の住吉大明神からお告げを受けて発見したと言われています。

そのため、今でも湯本温泉中心部の温泉源は大寧寺の所有なんだとか。大寧寺は湯本温泉を見守るようにして、600年間歴史と共に歩んできたのですね・・・。

江戸時代には藩主である毛利氏もたびたび湯治に訪れていたそうで、その後も多くの観光客が全国各地から訪れてきました。泉質はアルカリ性単純温泉で無職透明な湯。神経痛、皮膚病、胃腸病、リウマチなどに効能があるとされています。

おすすめの日帰り温泉はここ

長門湯本温泉にはおよそ11軒の宿泊施設があり、多くの施設で日帰り入浴を楽しめます。どの旅館もそれぞれ特徴があるのですが、そのなかの3軒の宿をご紹介します^^

昔ながらの温泉街の風情を楽しめる老舗旅館・六角堂

明治半ば、親鸞聖人の修行の場・京都の六角堂をヒントに三階部分を六角造りにしたことから六角堂と名付けられた老舗温泉旅館です。現在、建物は変わりましたが旅館の名前はそのままで営業しています。

こちらの六角堂、なぜか妹と一度訪れたことがあるんです。豪華とかそういうのはないんですが、落ち着いた雰囲気がとても心地よくて、建物上部にある温泉(内風呂)から見下ろす音信川に心和み、「もう一度来たいねー」と話していた旅館です。

サラッとしたお湯も気持ちよくて、日帰り入浴だけだったら500円です!(15:00~21:00、ボディシャンプー、シャンプー、ドライヤー無料)

食事+入浴プランは、一人3000円(税抜き)からご用意されています(要予約)^^

旅館 六角堂

〒759-4103 山口県長門市湯本温泉  TEL:0837-25-3821 

プーチン大統領も宿泊!格式ある大谷山荘

2016年にプーチン大統領が安倍首相と日露首脳会談を行った、大谷山荘。他の旅館街から少し離れたところにあり、なだらかで美しい音信川の渓流が目の前に流れる、最高の景観を誇っています。

(ながと観光ナビ ななびより お借りしました)
1階と2階に趣のある大浴場が11通りも!大浴場、檜と岩の露天風呂、寝湯、ジャグジー、サウナが利用できます。ゆーったりと優雅に癒されてはいかがでしょう^^

外来入浴のみは、大人2,000円、小学生1,000円(平日9:30~21:30、土日祝日11:30~15:00、18:00~21:30)。

お昼の食事+入浴プランが5000円から、夕食+入浴プランは8000円から用意されています。

大谷山荘

〒759-4103   山口県長門市深川湯本2208  TEL:0837-25-3300

楊貴妃伝説の宿・玉仙閣

湯本温泉から車で30~40分の場所にある向津具(むかつく)半島。今では元乃隅神社や千畳敷が有名になり、観光客が多く訪れる半島ですが、じつはこの半島には、あの世界三大美女である楊貴妃が流れ着いてこの地で亡くなったという伝説が残っているのです!

向津具半島には「楊貴妃の里」というスポットがあり、お墓も残されているんですよ(正史には中国で亡くなったとされています)。

その楊貴妃伝説にあやかって、長門湯本の地に作られたのがこの玉仙閣です。楊貴妃が入っていたと言われるお風呂を再現した貴妃湯や華清湯があり、高貴な気分で源泉100%のお湯を楽しめます^^

外来入浴は大人1000円、小人(3~12歳)500円(11:00~14:00 / 18:00~21:00、バスタオル有料)。昼食+入浴プランは2160円から、夕食+入浴プランは3240円から用意されています。

楊貴妃浪漫の宿 玉仙閣

〒759-4103  長門市深川湯本1234   TEL:0837-25-3731

※プランの金額などは2019年8月にホームページにて確認したものです。ご利用の際は、公式ホームページにてご確認ください。

日帰り入浴後のおススメ散策ポイント

散策のあとに足湯でのんびり

源泉かけ流し100%の湯を楽しんだ後は、音信川畔をゆったりと散策するのがおススメです。朝早くに散策したのですが、とても静かで気持ちよかったですよ~^^

音信川と大寧寺川の合流地点にある湯本大橋のたもとに音信川河川公園があり、東屋もあって源泉かけ流しの整備された広い足湯があります。
また上流には遊歩道沿いに「おとずれ足湯」があります。こちらは少々熱めのお湯です。

長門湯本温泉は恋人の聖地!

さて、この音信川には「恋伝説」が残されています・・・。

昔々、長門湯本温泉に藩主おかかえのお茶屋「清音亭(せいおんてい)」がありました。そこで働いていた湯女(ゆな)が叶わぬ恋におち、口には出せない秘めた思いを文にしたため、恋文(おとずれ)を橋の上からそっと流したそう。その恋文に名前の由来を持つ音信川・・・。

そんなせつない伝説のある長門湯本温泉は、平成18年に「恋人の聖地」として認定されました!

伝説にちなんだ流し文短冊も各温泉旅館にて1枚50円で販売されています。短冊は流すと水に溶けていくそうで、また幻想的・・・。 また、初夏には清流のまわりをホタルが飛び交う姿が見られますよ。
大切な方と一緒に音信川で短冊を流してみませんか?

地元の人たちと目指す・新たな長門湯本温泉街

現在、地元のみなさんの湯本温泉をあらたな魅力ある温泉街にしたいとの思いから、温泉街のリノベーションが行われています。

以前は200円という格安で良質の湯につかれる、湯本温泉のシンボル・公衆浴場「礼湯(れいとう)」、「恩湯(おんとう)」がありました。

地元の方たちと観光客との交流場でしたが、「礼湯」は2019年3月を持って閉鎖しました。「恩湯」も建物の老朽化や利用客の減少により、公営での営業は休止しています。

もちろん、長門湯本温泉の元湯であり、600年もの長い間地元の方々に愛されてきた「恩湯」も、2019年11月の新たなる装いでのオープンを予定しています^^

これまでまちづくりのなかで、音信川に面しゆっくりと眺めを楽しめる川床テラスや、子どもたちが楽しめる飛び石が設置されてきました。今も整備工事がすすんでいて、湯本温泉は日に日に変化し新しく生まれ変わっています。

あの有名な星野リゾート(「星野リゾート・界・長門」)も湯本温泉に進出することが決定し、2020年3月には開業を予定しています!!古き良き温泉街の風情を残しつつ、人々が立ち寄り笑顔を交わし合える新たな魅力ある温泉街へ・・・。長門湯本温泉の歴史、今、そしてこれからに大注目です。

アクセス

車の場合 
 中国自動車道美祢IC下車、国道316号線を約30分
 (元乃隅神社から車でおよそ40分、長門市仙崎から車でおよそ15分)

JRの場合
 厚狭駅からJR美祢線(およそ30分)、長門湯本駅下車、徒歩10分

・詳細は長門湯本温泉旅館協同組合の公式HPでご確認ください。

まとめ

由緒ある伝統を持った長門湯本温泉。
昔ながらの雰囲気と情緒ある街並みに、とても癒されます(*^^*) わたしにとってはちょっと立ち寄りたくなる、オアシスみたいな温泉街です。

長門湯本温泉はもっとたくさんの方々に温泉を楽しんでもらいたい、その思いとともにまた新しい歴史を刻もうと、どんどん変化しています。ぜひ入浴に散策に、また観光の拠点として、訪れてみてくださいね^^

湯本温泉とゆかりの深い大寧寺も一緒にどうぞ・紅葉の名所大寧寺の見どころその他