山口県でいちばん大きな温泉街、湯田温泉。美肌の湯で知られる湯田温泉でくつろいだあとには、ここでしか買えないお土産品や山口市ならではの美味しいものも気になりますね。

たくさんのお土産品があるけど、何がいいのか迷うなあ・・・そんなあなたに、湯田温泉、山口市のお土産や特産品を、地元民のわたしが厳選しておすすめしますね。

外郎

え?外郎と言えば名古屋でしょ?と思った方、きっと多数いらっしゃるはず・・・しかし、しかーし、です。

外郎と言っても山口の外郎はまた別物!歯ごたえも食感も全く違う山口ならではの絶品外郎なのです。地元民が自信を持っておススメします(^^)

名古屋の外郎は米粉を原料にしていますが、山口の外郎はわらび粉を原料としています。ですので、名古屋外郎の食感はもちもちですが、山口の外郎はぷるっぷるなんですよ。いくつかのメーカーさんが外郎を作られていて、それぞれ食感も味も様々です。もちろん、どれも美味しいですよ^^

そのなかでも、わたしが大好きな御堀堂さんと豆子郎さんをご紹介します。

御堀堂の外郎

御堀堂の外郎の歴史は古く、室町時代に大内文化が栄えていたころから殿様もお茶うけに食べられていたとか。

小さい頃から外郎をほとんど食べたことがなかったわたし。初めて御堀堂の外郎を食べた時のことは忘れられません・・・(大げさに思えるでしょうが、ほんとに)。その味わい深さとプルプルの食感に感動したのを覚えています!

種類は白、黒、抹茶の3種。山口を代表する歴史ある外郎です。

御堀堂 湯田温泉店

山口県山口市湯田温泉1丁目6-32、TEL 083-922-2289

豆子郎の生絹外郎

御堀堂とともにこちらの豆子郎もおススメです。お味ももちろんですが、お店の雰囲気もとても上品でおもてなしが素晴らしく、また立ち寄りたいと思わせてくれるお店です。

豆子郎は原料の配合にこだわった山口外郎の中でも、独特の食感が嬉しい外郎です。豆が入っているのがまたいいんですよ^^

生外郎である生絹(すずし)外郎はまた格別な美味しさ。蒸したての柔らかさと口あたりがたまりません。消費期限が3日間と日持ちがしないので、ご自宅用かすぐにお渡しできるお土産にぜひ^^

豆子郎 湯田温泉店

山口県山口市湯田温泉2丁目1-26、TEL 083-924-2505

山焼き団子

身近な山口の銘菓と言えば、やっぱり山焼き団子です^^

秋吉台のカルスト台地は毎年2月になると山焼きを行います。その山焼きの後に生えてきた若草をたい肥にしたため、よい土壌ができ、美味しい防長米のもち米がとれるようになったとか。山焼きの日にはもち米をきな粉団子にして弁当として持ち寄ったのだそうです。それが山焼き団子になったのだとか。

柔らかいお団子にきな粉をまぶした素朴なお菓子ですが、これがなんとも病みつきになる美味しさなんですよね。子どもたちも大好きで、スーパーの銘菓売り場で見かけたら「買ってー」とせがまれます・・・。

とにかく、また食べたくなるお味です^^

きれん製菓

山口県山口市大内千坊六丁目11-10、TEL 083-925-5522

直営店:新山口駅アイスタ、山口宇部空港、秋芳洞入口店

高速道路SA、PA、キオスク、スーパーでも販売

名菓舌鼓

山陰堂の舌鼓は、山口市を代表する和菓子です。明治16年創業のまさに老舗の味。

「名菓舌鼓」という名は、山口出身の内閣総理大臣・寺内正毅がつけた名前なのだとか!寺内総理がこの「舌鼓」を食べ、その美味しさに「名菓舌鼓」と改称したほうがよいと言ったことから、「舌鼓」の前に「名菓」がつけられたのだそうですよ。

とっても柔らかく、中の白あんと外側の求肥のバランスが絶妙。口の中でとろけて、ほわーっと幸せを感じる、まさに時の総理大臣も舌鼓を打つ美味しさです(*^^*)

山陰堂

山口県山口市中市町6-15、TEL 083-923-3110

大内塗

大内塗は、室町時代からの伝統を受け継ぐ漆器。大内朱と言われる独特の深みのある朱色に大内菱をあしらった図柄が特徴で、平成元年には国の伝統工芸品に指定されています。

この大内塗を用いた工芸品はお盆や茶托、お椀や箸などたくさんあります。お内裏様とお雛様のような男女一対の、まん丸の大内人形も可愛らしいですよ。

JR山口駅では大内人形がお出迎えし、また市内のガス会社の大きな丸いタンクも大内人形の模様になってたりします。山口市のイメージキャラクター(?)と言えば、大内人形なんですよ^^ ぜひ街中で大内人形を探してみてくださいね。

人形はちょっと…という方には、気軽なお土産に、ころっと丸くてかわいい大内人形ストラップや普段から使える大内塗のお箸がおススメです。

大内塗

桑原大内塗大内人形製作所

山口県山口市道場門前1丁目2-5、TEL: 083-922-1790

その他、湯田温泉各ホテルお土産コーナーにて取り扱い

白狐人形

湯田温泉は昔々、一匹の白狐が見つけた湯と言われています。

傷ついた白狐が毎晩お寺の池の水に足をつけているのを見た和尚さんが、不思議に思って池の水を掘ってみると、こんこんと湯が湧き出て薬師如来の金像があらわれたとか。それが湯田温泉の始まりなのだそう。それで湯田温泉には白狐がいたるところに見られるんですね。

湯田温泉を守ってくれている白狐のかわいいお人形が「白狐人形」です。人形は5種類あります。

白狐人形取り扱い店

藤光海風堂 湯田店、ホテルかめ福売店「梅だより」、ホテルニュータナカ売店

ゆだうるる

アルカリ性で肌によくなじむ柔らかさが特徴の湯田温泉のお湯は、肌をすべすべにする効果が抜群の温泉なんですよ。

その湯田温泉水を100%使用した、防腐剤や化学成分を一切使用していない化粧水が「ゆだうるる」です。ボトルデザインからネーミングまですべて女性が考え、商品開発に関わった女性の人数は総勢100名なのだとか!多くの女性が納得の上作り上げた「ゆだうるる」、使って肌うるうるになりたいですね~

「ゆだうるる」は化粧水のほか、フェイスマスクもあります^^

「ゆだうるる」(ミスト化粧水80g 1100円)

販売元・湯田温泉旅館協同組合 TEL 083-920-3000

湯田温泉旅館内売店、道場門前特産品ショップやまぐちさん、湯田温泉旅館案内所などにて取り扱い中

ネットでも取り寄せもあります。

まとめ

湯田温泉周辺のおススメお土産をご紹介しました。どのお土産品も、山口市の歴史とともに歩んでできあがった逸品ばかりです。西の京・山口ならではの味、工芸品を、そして湯田温泉の新たなオリジナル商品を楽しんでいただけたら幸せます^^