防府天満宮大鳥居前の通りに面した「兎屋」は、防府市内でも有名な老舗そば処です。
行きたい行きたいと思いながらなかなか行く機会がなく、防府市に住んで7年目にして初めて兎屋さんへ行ってきました!店内の様子やおそば、メニューをご紹介しますね^^

宮の蕎麦「兎屋」周辺

兎屋のある防府天満宮前の道は、江戸時代に萩城から参勤交代の「御成道(おなりみち)」として開かれた「萩往還」だったとのことで、風情のある街並みの場所です。

兎屋のある向かいは、西国大名や幕府の上級役人は宿泊した「宮市本陣兄部家」があった場所でしたが、2011年に火事で焼失し、今は更地になっています。
現在、兄部家の隣には「山頭火ふるさと館」が建てられ、そのはす向かいに兎屋があります。

防府に引っ越してきてから、地元の人と防府天満宮の近くを通るたびに「あそこのおそばは美味しいんよ」と言われるのをよく聞いていました

店内の様子は

お店の建物は昔の問屋さんだったそうで、なるほど外観もとってもいい雰囲気。中もきれいにリフォームされています。

入ると真ん中あたりにお会計があり、右側の部屋と左側の部屋にわかれています。
左側はお一人でもよいように、10人ぐらいが座れる大きなテーブルが見えました。

お店の入ってすぐの左側は待合のよう。落ち着いた色合いで、ゆっくり待っていられそうです。

今回二人連れだったからか、右側の部屋に案内されました。
まず心惹かれたのはテーブルの上。テーブルにガラスが張ってあって、中に可愛い小さな兎のお人形が4~5個置いてあります。
写真に撮ろうとしたら、色んなものが反射して撮れなくて・・・言葉で伝わるでしょうか、すみません( ;∀;)

おひやは自分で窓際にある置き場まで次ぎに行きます。(あったかいお茶とお水とがあります)そこにはかわいい兎の置物が^^
落ち着いた雰囲気の室内とところどころに飾られている置物やさげもんは、おばあちゃんのうちに来たような、そんな昭和レトロのあったかさを感じさせます

二階もあるようで、小さな子供さん連れの方優先で案内しているようです。
この日は平日の昼間だったこともあり、混雑はしていなかったので一階だけで事足りたのでしょうね。

この和やかな気持ちになる室内で頂けるおそばは、きっと優しくていいお味なんだろうな、と想像しながらおそばを待ちます^^

おそばとメニュー

小梅定食

わたしが注文したのは、小食の方用(笑)小梅定食。通常の量のそば定食には、そば御前があります。
あったかいそば、ぶっかけそばとが選べ、あったかいそばにしました。
お蕎麦と天ぷら、そば豆腐、煮物、ごはんがついています。
じつは控えめな小梅定食にして、まだお腹が空いてたら何か追加注文しよう、と思ってたんですけど・・・ほんとに小食なのかしら、少しずつ美味しいものをいただいて、心もお腹も満足してしまいました。

天ぷらは天つゆではなくて塩でいただいてくださいとのこと。油っぽくなくて、塩でさっぱりといただけました。
煮物は味が濃い目でしたが、美味しい味付けでした。
おそばに詳しいほどではないんですが、こちらのそばはクセがなく、つるつるっとのど越しがよくていくらでも食べられる、そんなおそばだなーと感じました。そうそう、想像通りのほんとに優しいおそば。
つゆには柚子のかけらが入っていたのかな、ふんわりと上品な香りがとても良いアクセントになってました。

そして、デザート(?)のそば豆腐。
これがまた絶品で ほんとにそば?豆腐?とおもうほど、ぷるぷるの滑らかな、でもしっかりした食感でほんのり甘くておいしい(*´ω`*)
プリンかと思っちゃいました。

ちなみに一緒に行った友人は、ぶっかけそばの揚げナスと若鶏竜田揚げ載せ。
がっつりと揚げナスと鶏の竜田揚げが載っていて、「こんなに載ってるとは思わなかった、もうお腹いっぱい~」と言ってました。なんにしても、満足できるおそば屋さんです。

兎屋のそばの特徴は

メニューに書いてあるには、こちらのそばは、そば粉八割、小麦粉二割の二八そば。
わたし、今日はじめて二八そばの意味を初めて知りました・・・(-_-;)

信州八ヶ岳産のそば粉をべースにしていて、張り紙にも書いてますが石臼挽きそば。石臼挽きはゆっくりと挽くので熱がかからず、そばの風味を損なわないので美味しさが違うそうです。

そうした兎屋の石臼挽きそばは、のど越しが良いのが特徴の自家製麺。そばの美味しさも納得です。

つゆは本かつお、さば節、羅臼昆布、国産椎茸を使った天然だしとのこと。はい、確かにおいしかったです。全部飲み干しました(笑) そりゃあお腹いっぱいになりますね。

ほうふ玉子かけごはん

以前放映されていた山口県が舞台となった大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公・文(ふみ)さんと夫の楫取元彦の好物が玉子かけごはんだったことから、防府天満宮周辺の飲食店ではその店オリジナルの玉子かけごはんが考案され、メニューに加えられています

兎屋の玉子かけごはんは、「しらす玉子かけごはん定食」。しらす丼とおそばがセットになっているそう・・・メニューに写真はなくて、お腹が空いてなかったので食べられず。
どうやら天かすが敷かれていて、サクサク食感がとっても新鮮だとか。実物も見られず。残念・・・今度は玉子かけごはんをいただいてみたいなー。

駐車場

駐車場はお店の建物のすぐ近く、道路沿いにあり、兎屋駐車場の看板が出ているので、わかりやすいです。だいたい10台くらいは止められるようです。

第二駐車場もあり、そちらも10台程度駐車できるとのこと。合計20台くらいですね。

第一駐車場の隣には観光駐車場(無料)もありますので、混雑時にはそちらも利用できます。
近くには防府天満宮参道入口のまちの駅「うめてらす」の駐車場(無料)もありますので、駐車する場所は多いかと思います。

参道入口の大鳥居から、歩いて3分程度です。天満宮参拝後のランチにとっても好立地です。

宮の蕎麦 兎屋
〒747-0032 山口県防府市宮市町8−22
TEL 0835-25-5331
営業時間 11:00~14:30(オーダーストップ30分前 または材料がなくなり次第終了)
定休日 毎週火曜日

まとめ

今回行ってみた兎屋さん。美味しいおそばとあったかいお店の雰囲気の相乗効果とでもいいましょうか、ものすごく居心地が良いお店でした。
防府天満宮のしっとりとした雰囲気を味わった後は、あたたかい落ち着いた兎屋さんでしっとりした時間を過ごしてはいかがでしょうか。天満宮参拝の余韻を、おそばとともに楽しめることと思います♪ また何度でも行ってみたくなる、そんなおそばやさんです。