こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^

山口市鋳銭司にある両足寺は、紅葉寺として知られる穴場的なスポットです。

近場だけれどもまだ行ったことがないなぁということで、家族そろって両足寺に紅葉狩りに行ってきました。
行く前は、えー両足寺?どんなとこなんよー、といぶかしげだった子どもたちも、行ってみたらすごくきれいだったね!とすっかりご機嫌。娘は写真撮りまくりでした^^

今回は山口市両足寺の紅葉の様子、駐車場や注意事項についてご紹介しますね。

両足寺へのアクセス、駐車場

両足寺は山にほど近いのどかな田園地帯に鎮座しています。
国道2号線から大村交差点を山側に曲がり(県道194号線、山口秋穂線)、そのまま道なりに両足寺を目指します。

国道2号線沿いにある山陽自動車道山口南インターチェンジ料金所から車で7分程度(3.4㌔)。高速道路でのアクセスがよいスポットです。

が、県道194号線は田んぼの中の道。道が狭いです!
道幅が広い場所もありますが、場所によっては離合がかなり難しい箇所もあります。

紅葉シーズンは両足寺への紅葉狩りの方でけっこう車が行き交います。
大きめの車の方、運転に不慣れな方は気を付けてくださいね。
今回夫が運転してくれてたので、わたし運転してなくてよかった~と心から思いました(笑)

周りは田んぼばかりで目印が何もなく場所がわかりにくいですが、両足寺への立て札が立っているので、道からお寺へ曲がる道はわかりやすいと思います。カーナビも丁寧に教えてくれました。

お寺へのゆるい坂道を登ると、駐車場に出ます。
第1から第3駐車場まで整備してあります(訪問した日は11月半ばの日曜日で参拝者は多かったのですが、第3駐車場は閉鎖してありました)。

第1駐車場は14、5台程度。第2駐車場は30台程度駐車できます(写真は第1駐車場付近)。駐車場が空きもありましたので、駐車に困ることはないと思います。

両足寺の紅葉狩り・気をつけること

さて、駐車場についてすぐに気になったのは、お寺の方が書かれた立て看板です。
この看板、駐車場だけでなく境内のいたるところに建てられています。ですので、こちらでも両足寺に行かれる前にみなさんにお知らせしておきますね。

参拝は午前9時から午後4時30分まで
・参拝後は駐車場から車を出すこと。無断駐車は5千円徴収。
カメラなど撮影での三脚など固定具の使用、持ち込み禁止
ペットを連れての参拝、散歩を禁止
喫煙、飲食、スケッチなどすべての場所で禁止(駐車場含む)、ごみのポイ捨て禁止。
・樹木の枝を折ったり気づつけたり、苗木、種子などの持ち出しを禁止。
・境内、駐車場でのけが、自己など一切の責任を負いません。
・午後4時30分以降は駐車場から車を出してください。
(簡略化した箇所あり)

これらの注意事項は、お寺を美しいまま維持していくためにも必要なことなんでしょうね。
三脚を持ち込まれる方もペットを連れた方もおらず、みなさんマナーを守って紅葉狩りを楽しんでいらっしゃいました。

またこちらのお寺では御朱印、お守りの頒布はありません
純粋に境内のもみじを楽しみ、静かに参拝する場所ですね。

両足寺の紅葉の様子

行ってみたのは11月中旬。まだ紅葉は緑と赤、黄でまばらでしたが、それがきれいな色のコントラストになっていました。
見ごろは11月下旬あたりでしょうか。

駐車場から歩いていくと、参道のもみじがお出迎えしてくれます。
参道の山門と赤く染まったもみじはとても美しいですよ。最初のみどころはここです!

さらには山門から本堂へと続く石段の脇のもみじも素晴らしいです。
もう少し色づいたらさらに鮮やかでしょうね。

ちょうどつわぶきの黄色い花も咲いていて、足元にも彩りを添えていました。
両足寺では紅葉とつわぶきの花を同時に楽しむことができます。

石段を登りきると、広くはありませんがコンパクトな境内があります。
石灯篭の周りに紅葉が植えて小さな庭園のようになっており、静かな和の世界を感じることができます。
思わずうっとり^^

場所によっては太陽の光でもみじの葉が鮮やかに輝いて、紅葉がさらに美しさを増していましたよ。
時間帯によって光の当たり具合も変わるのかもしれません。
わたし達が行ってみたのは14時頃だったので、午前中からお昼頃の方が光が当たる場所が多くてきれいかも。

紅葉の木や石灯篭がある庭園部分は踏み入れ禁止になっています。
ロープが張ってありますので、鑑賞時には気を付けてくださいね。

両足寺 施設情報

臨済宗東福寺派 德壽山 両足寺
〒747-1221 山口市鋳銭司371
電話 083-986-3591
拝観時間 9時~16時半(時間外入山禁止)

トイレは参道の石段を登って右側にあります。
・山門側からは石段があるため車椅子やベビーカーでは登れません。
第1駐車場と第2駐車場の間に境内へと続く舗装された坂道があります。そちらをご利用ください。
道路脇に植えられたもみじを楽しみながら境内まで行くことができますよ。
・本堂は縁側に腰掛けることは禁止されています。

まとめ

今回は山口市両足寺の紅葉をご紹介しました。
紅葉寺というだけあって、参道も境内も紅葉だらけ。とても美しい紅葉を楽しむことができました。
平日だったら人も少なく、静かにゆっくりと紅葉を味わえるのではないでしょうか。

三脚などの持ち込み禁止などの注意事項を守って、気持ちよく紅葉狩りを楽しめるようにしたいですね。
美しい景観を開放してくださっているお寺の方に感謝です。