こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^
毎年4月上旬から5月上旬、ゴールデンウィークが終わるまで、道の駅「仁保の郷」の脇にある仁保川の上を100匹の鯉のぼりが泳ぎます。

つぶた
つぶた
そんなスポットがあるなんて知らなかった。
なんたん
なんたん
車でドライブついでにも見られるし、川岸にも降りて遊べる癒しスポットなのよ。

今回は、ゴールデンウィークにちょっと立ち寄りたくなる仁保の鯉のぼりをご紹介しますね。

仁保の鯉のぼりは

山々に囲まれた山口市仁保は、初夏にはホタルが舞い、仁保川が美しく流れる自然豊かな地域です。

4月になると、仁保川の上空にたくさんの鯉のぼりが泳ぎ始めます。
地域を盛り上げようと仁保子ども会や仁保むらづくり塾など地元の方々が協力し、仁保川の上に鯉のぼりを掲げるようになったそうです。

なんたん
なんたん
平成21年にはこいのぼりが100匹を超えたらしいよ。
つぶた
つぶた
じゃあ今は何匹空を泳いでるんだろうね。

鯉のぼりは車通りが多い交差点沿いに掲げられているので、ドライブついでに面白そうに泳ぐ鯉のぼりたちを見ることができます。

ですがお時間があれば、間近でじっくりと鯉のぼり鑑賞はいかがでしょうか。

川岸に降りて遊べるスポット

見どころは仁保川にかかる橋の上。
橋の上からは目線の近くで、たくさんの鯉のぼりを眺めることができますよ。

もう一か所、行ってみてほしいのは川岸です。
階段があるので、そこから川岸へ降りることができます。

川岸から見上げる鯉のぼりは爽快。
ずーっと見上げてたら首が痛くなりますけどね。

そして川面に映る鯉のぼりがとてもきれいなんですよ。

川の中にも、川の上にも鯉のぼり。
とてもきれいでずーっと眺めていたくなります。

川岸は小さなお子さんが水で遊べるスポットです。
5月はじめになると気温も上がってきますので、川の水が冷たくて気持ちいい季節。

ゆるやかな川なので、保護者の方がいらっしゃれば川の水でちょっとした水遊びを楽しめます。
水に手を浸してみたり裸足になって足を入れてみたり。
気持ちがいいですよ。

ゴールデンウィーク前はけっこう日差しも強く暑いので、川に降りて遊ぶ際は帽子と水分を忘れないようにしてくださいね。

道の駅「仁保の郷」もどうぞ

仁保の鯉のぼりがある場所は、道の駅「仁保の郷」のすぐ脇です。
道路沿いのため駐車場がないので、道の駅に車を停めていらっしゃってください。

道の駅「仁保の郷」では例年、ゴールデンウィーク期間中にゴールデンウィーク祭が開催され、バザーやフリーマーケット、ライブなどでにぎわいます。
混雑はちょっと遠慮したいという方は、ゴールデンウィーク前に見に来られることをおすすめします。

駐車場、アクセス

道の駅「仁保の郷」
所在地:山口市仁保中郷1034
TEL:083-929-0480
駐車台数:74台(普通車69台、大型車5台)
※駐車場、施設内にトイレあり

まとめ

今回は仁保の鯉のぼりをご紹介しました。
色とりどりの鯉のぼりが空をすいすい泳ぐ姿は見ていて気持ちがよく、とっても元気がもらえます。

車を降りて見られなくても、ドライブの際の信号待ちで元気な鯉のぼりを楽しめるのがいいですよ。
ぜひ期間中に通りかかってみてくださいね。
そしてお時間あれば、ゆっくりと鯉のぼりを楽しんでいってくださいませ。

こちらもどうぞ

・道の駅「仁保の郷」から車で10分程度のところにある100円温泉もいかがでしょう?
⇒ 安すぎる日帰り100円温泉!!【宮野温泉山口ふれあい館】お湯を堪能できるスポット