こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^
「おばいけ」って知っていますか?
下関の実家では時々食卓にのぼっていた、おばいけ。
見た目は白っぽくてぴらっとしていますが、これはなんと、くじらなんですよ。

なんたん
なんたん
くじらは山口県では給食に竜田揚げが出たり、子どもも大人も馴染みのあるものですね
つぶた
つぶた
おばいけはくじらなのに、白くて独特の食感だよね

今回は山口の郷土料理のひとつである「おばいけ」について、食べ方や味、栄養などを調べてみました。

おばいけとは?

くじらのどの部位?

おばいけ・・・その名前からはくじらのどの部位なのか、さっぱりわかりませんね。
実物を見てみると「白いから脂の部分かな?」となんとなく想像できます。

じつはおばいけは、くじらの尾びれの部位なんです。
尾びれの部分は尾羽毛(おばいけ)、尾羽(おば)、おばけなどと呼ばれています。
くじらの尾の部分が羽のような形をしていることから、尾羽毛と言われるようになったそうです。

今では多くは、尾の部位を薄くスライスしたものおばいけと呼んでいます。

つぶた
つぶた
部位の名前と料理の名前がそのまま同じなんだね

おばいけの呼び名

古来から捕鯨が行われていたため、おばいけは日本各地で古くから食べられてきました。
おばいけ、おばけ、さらしくじら、おば雪、おばきなど、地方によって呼び名は違いますが、どれも同じです。

なんたん
なんたん
大阪では「おばけ」っていうらしいです

ちなみにわたしがスーパーで買ったのは「さらしくじら」でした。

「おばいけ」と書かれていたものも数パックありましたが、ほとんどが「さらしくじら」と書いてありました。

なんたん
なんたん
さらしくじらが正式名らしいですね。おばいけの呼び名は山口弁みたいなものなのかしら

おばいけの作り方は?

おばいけには尾の部位の塩漬けを使います。
尾の部分を薄くスライスし熱湯をかけると、白い縮緬のようにふわふわになります。
それを冷水にくぐらせ、匂いをとります。
匂いと脂が強いときは熱湯と冷水を何回か繰り返し、最後によく水気を切ります。
これでおばいけの完成です^^

おばいけは家庭で作ることはほぼありません。
スーパーや魚屋で、できているものを買ってくるようになります。

おばいけの味は?

薄くてひらひらと、白い雪のようなおばいけ。
酢みそと一緒にいただいてみました。

子どもたちがおばいけを食べるのは初めてです。
さて息子、たいてい何でも食べる子ですが・・・

つぶた
つぶた
これおいしい!

わたしも何十年ぶりかで、いただきます。
おっ、コリコリしておいしい^^
噛むごとにくじら独特の風味が広がって、それが酢みそと合わさってよい感じ。
なんたん
なんたん
きっとお酒に合うわね!

おばいけは、くじらのお肉の中でもとてもおいしい部位なんだとか!
だからこういうシンプルな食べ方が合うんでしょうね。

小さい頃食べたおばいけは、もっとスカスカしてなんとも言えない味の記憶があったのですが、あらためて頂いてみてびっくり。
わたしの年齢が増したからなのか、何十年を経て品質がより良くなったからなのか・・・。

ちなみにおばいけは、お吸い物の具としてもおいしく頂けるのだそうです。

おばいけの栄養は?

食感がクセになるおばいけですが、こんな白っぽくていったいどんな栄養があるの・・・?と気になりますね。

購入したパックを確認してみると、100gあたりの栄養表示は、
エネルギー95kcal、たんぱく質12.4g、脂質5.0g、炭水化物0.1g、食塩相当量0.01g
でした(1パック60gでした)。

高たんぱく低カロリーですね。
添付されている酢みその方が高カロリーでした・・・。

もともとのくじらの尾の部位(おばいけ)は、脂肪とゼラチン質が多くて栄養価が高い部位
おばいけとして料理すると、栄養価が低くなってしまうんですね。
栄養価的にはちょっともったいないかも・・・?

おばいけの価格は?通販は?

おばいけは西日本ではスーパーでも販売しています。
わたしが購入したさらしくじらは、60グラムで398円(税抜き)でした。
ちょっと良いお値段?です。
節分だから買ったんですけどね^^

おばいけは通販でも取り扱いがありますので、くじらの本場、下関の店舗の通販をご紹介しますね。
>>下関のくじら・ふぐ問屋であるマル幸商事オンラインショップ
>>関太郎印のくじら専門店

おばいけと、他のくじらの商品も一緒にいかがでしょう^^

おばいけは山口県の郷土料理

山口県民は節分にくじらを食べる

全国的に食べられているおばいけですが、山口県の郷土料理のひとつです。
また、節分の日に食べる行事食でもあります。

なんたん
なんたん
下関から島根の益田あたりの日本海側では、節分にくじらを食べる風習があるよ
つぶた
つぶた
「大きなものを食べて邪気を払う」と言われています

山口県とくじら

山口県にくじら食の風習が残り、郷土料理にもなっているのは、昔山口で捕鯨が盛んだったことに由来します。
県の北部である北浦沿岸(長門市沿岸)地域では、江戸時代を中心に古式捕鯨が行われていました。

なんたん
なんたん
長門市には古式捕鯨の資料を展示した「くじら資料館」があるね

明治に入ると下関が近代捕鯨の基地として栄え、「くじらの街」として発展しました。
つぶた
つぶた
今も下関の5大水産物のひとつはくじらなんだよ。くじらが食べられるお店もいっぱいあるよ
なんたん
なんたん
2019年に商業捕鯨が再開されたし、くじらの食文化を受け継いでいきたいわね

※2019(令和元)年6月末に日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、7月1日から31年ぶりに商業捕鯨が再開されました。

まとめ

今回はおばいけについて調べてみました。
何となく知っていたおばいけでしたが、部位や呼び名、地元山口県とくじらの関係など、調べてみるといろんなことがわかって、頭がこんがらがってしまいました(;^_^A
わかりやすくお伝えできたか少々心配です。

子どもたちにも節分などの行事をとおして、くじらの食文化を伝えていきたいですね。
おばいけも、今度はだんなさんのお酒のお供に買ってみようかな。