こんにちは、防府市の主婦なんたんです^^
全国52都市(都道府県庁所在市および政令指定都市)の中で、山口市がふりかけ支出金額日本一(2016~18年平均)ってご存じですか?山口のふりかけで最初に思い浮かぶのは、やっぱりソフトふりかけ「しそわかめ」ではないでしょうか?

わかめふりかけと言えば子どもがあまり好まなさそうですが、しそわかめは子どもたちも大好き
流行りにとらわれず、いつの時代でも誰からも愛されているふりかけです!

つぶた
つぶた
食卓の主役ではないけれども、いつでも常備してあると安心の頼れる脇役、という感じかな

今回は山口県の定番ふりかけ、萩・井上商店のしそわかめについて、歴史やレシピ、販売店などをご紹介します。

しそわかめとは

しそわかめは、明治4年創業の萩市井上商店が製造販売するふりかけです。
北浦の伝統食、きざみわかめに倣って1980年に発売されました。

わたしは小さい頃から食卓にしそわかめがあったので、日本全国どこでも食べられているふりかけだと思っていました。

なんたん
なんたん
大人になって、山口県ならではのふりかけと知ってびっくりしました

発売当初は全く売れなかったそうですが、社長さんが炊飯ジャーを持って全国を回っておいしさをアピールして歩いたそうです。

社長さんの努力のおかげで、しそわかめは大人気商品に。
今ではオリジナルのしそわかめに加え、夏みかんわかめ、辛子明太子わかめ、しそひじきなど、いろんな種類のしそわかめシリーズが展開しています。

しそわかめはソフトタイプふりかけ。
わかめは乾燥したカリカリタイプではなく、少ししっとりした優しい歯ごたえのわかめです。

白いごはんと合わさると、干しわかめの歯ごたえと塩加減が絶妙に良いんですよね。
見た目は地味でシンプルですが、すごい優れもの。
卵かけごはんにトッピングしたり、冷ややっこにかけたり。ご飯のほか、何にでも合う料理の引き立て役です。

しそわかめの由来

刻んだわかめをご飯にまぶしておむすびにした「わかめむすび」は、山口県の伝統食。
山口県の日本海側である萩や長門では、早春頃になると新わかめが干され、辺りにわかめの良い香りが漂っていたそうです。
昔は干した生わかめを家庭でねじり、包丁で細かく切って刻みわかめを作っていたのだとか。

つぶた
つぶた
江戸時代には参勤交代の時に、長州藩の藩士がわざわざきざみわかめを持参していたんだって
なんたん
なんたん
古くから続く伝統の味なんですね

北浦のわかめむすびは、全国の代表的なおむすびの一つとして食糧庁が選定した「ふるさとおむすび百選」にも選ばれています

井上商店の「しそわかめ」によって、北浦伝統の味が手軽に日本全国で味わえるようになりました。
山口ならではの味を季節と場所を問わず、一年中全国で食べて知ってもらえるって嬉しいですね。

しそわかめを使ったレシピ

わが家でも和え物に加えたり、卵焼きに混ぜたりと至るところで活躍しているしそわかめ。
萩・井上商店の公式サイトからしそわかめを使ったレシピをご紹介しますね。

※写真が少々お見苦しいのはご容赦くださいませ。

はるさめとキュウリのしそわかめ和え

材料(2人分)
キュウリ 1本
はるさめ 30g
しそわかめ 大さじ1
酢 少々
ぽん酢 少々

1 キュウリを千切りにする。
2 はるさめをもどし、きゅうりとしそわかめを混ぜる。
3 酢、ぽん酢をお好みで入れる。

(萩・井上商店公式HPより)

なんたん
なんたん
とってもお手軽でした(笑)
お酢を入れすぎた~と思いましたが、しそわかめの塩加減で酸っぱくなりすぎずにいい感じにおさまりました^^
好みで梅や錦糸卵を加えても。これからの暑い季節にさっぱり食べれそうです

しそわかめの卵スープ

材料(2人分)
卵 1個
しそわかめ 大さじ2
水 400ml
しょう油 少々
塩 少々
こしょう 少々
ごま油 少々

1 鍋に水を入れて火をかけ、沸騰したらしそわかめを入れる。
2 卵を溶いて1に入れ、塩こしょうで味をととのえる。
3お好みでごま油としょう油を少し入れる。

(萩・井上商店公式HPより)

これはお手軽ですね。
ごま油を切らしていて残念。

納豆しそわかめパスタ

材料(1人分)
パスタ 1人分
納豆 1パック
青じそ 5枚
しそわかめ 大さじ1
卵 1個
1 鍋に水を入れてお湯を沸かす。
2 お湯を沸かしている間に、しそわかめと納豆(タレも一緒に)を混ぜ合わせる。青じそを刻んでおく。
3 お湯が沸騰したら塩を入れ、パスタを茹でる。
4 別の鍋に水を入れて沸かし、卵を落としてポーチドエッグをつくる。
5 茹であがったパスタに2の材料を合わせ、4のポーチドエッグをのせる。

(萩・井上商店公式HPより)

なんたん
なんたん
作る前はどうかなーと思ってましたが、卵と納豆を混ぜたらまろやかで、そこにしそわかめのちょうどいい塩味が加わっておいしい!
あっという間に食べてしまいました~^^青じそがあったらもっと爽やかでよかったろうなあ

しそわかめはパスタにも合うんですね・・・うーん、びっくり。

ぜひお土産にも!しそわかめはどこで買える?

しそわかめは山口県内のスーパーや新山口駅や岩国錦帯橋空港のおみやげ物屋さん、直営店などで販売されています。
>>萩井上公式サイトより店舗紹介ページ

10年以上前は、関東ではしそわかめが売ってないと親戚が言っていましたが、今では関東地方のスーパーでも取り扱いがあるようです。

しそわかめや井上商店の商品は、井上商店のネットショップ「萩・井上web shop」から取り寄せできます。

そのほか、Amazonや楽天などでも取り扱いがありますよ。

しそわかめ 商品詳細

原材料 わかめ、砂糖、かつお風味調味料{食塩、デンプン分解物、粉末しょうゆ、
風味原料(かつおぶし粉末、そうだかつおぶし粉末、こんぶ調味料)、砂糖、
酵母エキス、その他}、食塩、ごま、しそ/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、
(一部に小麦・大豆・ごまを含む)
内容量  90g
販売価格  410円(税込)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けた常温で保存。開封後は冷蔵庫にて保存
賞味期限  常温6ヶ月
栄養成分(100gあたり) エネルギー223kcal、たんぱく質9.7g、脂質4.9g、炭水化物35.0g、食塩相当量 13.7g
販売者 (株)井上商店 山口県萩市東浜崎町9-1
公式ホームページ 萩・井上 

まとめ

山口県の定番ふりかけ、しそわかめをご紹介しました。
今回は井上商店のしそわかめをご紹介しましたが、しそわかめと言えば、長門市の国近商店のしそ入りわかめも有名です。
スーパーでは必ずどちらも置いてあって、わたしはどっちのしそわかめも好きなんですよね^^

北浦のわかめは質量ともに定評があります。
ぜひ手軽に伝統の北浦わかめを味わってくださいね。