毎年、2月上旬から4月初めにかけて開催されるイベント「萩城下の古き雛たち」

歴史と風情あふれる城下町萩の街並みに、江戸時代から今に伝わるお雛様や、萩ならではの小萩人形など、約1200体が飾られます

ちょうど早春の花が咲く時期と重なるこのイベント。
萩の花とともに、お雛様で彩られた萩城下町を散策、観光してみませんか♪

なんたん
なんたん
同時期に、笠山の椿まつりや萩往還梅林園の梅まつりも開催されますよ

この記事では「萩城下の古き雛たち」の開催日程や会場、期間中のイベントなどをまとめてみました。

※状況によってはイベント内容が変更になる場合もあります。お出かけ前は最新情報をご確認、お問い合わせください。

萩城下の古き雛たち 基本情報

日程・場所

開催日程 2月3日(木)~4月3日(日)
※まん延防止等適用措置適用にともない、2月21日(月)~4月3日(日)の開催に変更となりました。
※萩明倫学舎は4日(金)から開館、田町商店街は3日(木)から観覧可能です。
会場 旧久保田家住宅、菊屋家住宅、萩・明倫学舎など、萩市内15会場
※各会場は公式サイトからご確認ください。
時間 施設により異なります
問い合わせ先 萩市観光課(0838-25-3139)
萩市観光協会(0838-25-1750)
公式サイト 萩市観光協会

駐車場

◇萩博物館前駐車場(普通車310円)
メイン会場の旧久保田家住宅や菊屋家住宅、青木周弼旧宅などの見学、萩城下散策に便利です。

◇萩明倫センター駐車場(普通車310円)
萩・明倫学舎まで徒歩2分の場所にある駐車場。

◇中央公園駐車場(普通車310円)
萩城下町散策に便利です。

※上記3か所の駐車場は、当日内ならば2か所目の駐車場料金が無料になります(1か所目の領収書要)。

◇浜崎伝建地区無料駐車場
浜崎エリアの展示会場(旧山中家住宅、旧山村家住宅など)を巡るのに便利です。

※そのほかの駐車場やレンタサイクルについては、萩市公式サイトに掲載されています。
萩市観光協会公式サイト

見どころは?

15か所ある展示会場のなかから、見逃せないいくつかの会場の様子をご紹介します。

旧久保田家住宅

※2月20日まで休館

旧久保田家旧宅は、「萩城下の古き雛たち」のメイン会場です。

公家の装束を再現した「有職雛(ゆうそくびな)」や、京都御所をモチーフに作られた御殿をともなう「御殿雛(ごてんびな)」、小萩人形など、歴史的あるお雛様およそ400体を展示

なんたん
なんたん
広々とした建物の中に、ずらっと並ぶお雛様は圧巻です!

久保田家は、呉服商・酒造業を営んでいた豪商でした。
菊屋家住宅の向かいに建てられた住宅は、幕末から明治期にかけて建てられ、当時の技術や意匠、商家の様子を伝える重要な建物です。

開館時間:9時~17時
入館料:100円
旧久保田家住宅



萩・明倫学舎

※2月4日から開館

萩明倫学舎では、玄関正面の階段にお雛様を展示しています。
階段のお雛様はちょうどステキな撮影スポット。
来館された多くの方がここで写真を撮っていかれるそうですよ。

つぶた
つぶた
今年は、渡り廊下に吊るし雛も設置しています
萩明倫学舎は、藩校明倫館の跡地にあり、旧明倫小学校を改修してオープンした観光施設。
レストランやお土産屋さん、ビジターセンターや博物館も設置されています。

開館時間:9時~17時
入館料:本館無料、2号館/大人300円、高校生200円、小中学生100円
萩明倫学舎公式HP



;

お得な情報やイベントはある?

萩トラベルパス

萩のグルメや観光、温泉情報などを一冊にまとめ、各施設で使えるお得なクーポンもついた冊子「萩トラベルパス」(300円)。

「萩トラベルパス」には萩・明倫学舎2号館への無料クーポンが1枚、そのほかの施設で使えるクーポンもついて、お得な情報もりだくさん。

またスタンプラリーもついており、協賛施設で2つ以上のスタンプを集めると、「萩城下の古き雛たち」の展示会場10施設でプレゼントがもらえます。

※「萩トラベルパス」の販売場所や利用期間など、詳細については、萩市観光協会のサイトをご確認ください。

同時開催イベントもどうぞ

萩・椿まつり

萩市笠山の椿原生林では、ヤブツバキが2月から3月にかけて見ごろを迎えます。
見ごろに合わせて「椿まつり」が行われ、土日にはクイズラリーなどのイベントも開催。

なんたん
なんたん
枝に咲いている椿もきれいですが、落ち椿はさらに美しいですよ

開催日程:2022年 2月21日(月)~3月20日(日)
会場:笠山椿原生林
問い合わせ先:萩市観光課(0835-25-3139)
公式サイト:萩市観光協会「萩・椿まつり」



萩人形展

萩城下のお雛様を楽しんだあとは、伊藤博文別邸で「萩人形」をいかがでしょうか。
萩人形は、萩の自然や文化、歴史をテーマに生まれた手づくりの日本人形。
およそ100体が展示されます。

会場である伊藤博文別邸は、松陰神社の近く。
萩城下から少し離れますが、ぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。

開催日程:2022年 2月21日(月)~4月3日(日)
時間:9時~17時
会場:伊藤博文別邸
入館料:100円
問い合わせ先:萩市観光課(0835-25-3139)
公式サイト:萩市観光協会「萩人形展」



その他同時開催のイベントは

2月下旬から3月の萩では、上記2つのイベントのほかにも、さまざまな見どころスポットが満載です。

2月下旬には、道の駅「萩しーまーと」隣の親水公園の河津桜や、萩往還梅林園の梅。
3月上旬から半ばには萩城指月公園のミドリヨシノ、そして3月下旬にはソメイヨシノと、春を告げる花の名所がたくさん。

土日には、花の名所と萩城下をむすぶ無料シャトルバスも運行します。
春の萩を満喫する旅に、ぜひご利用ください。
※「萩の花めぐり観光周遊バス」詳細は、萩市観光協会公式サイトをご覧ください。

まとめ

城下町萩のお雛様めぐり「萩城下の古き雛たち」についてご紹介しました。

歴史的名所や史跡が数多くある萩の街並みに、現在まで大切に受け継がれてきたお雛様たちが彩りを添える早春。
ぜひ、萩の街の散策をお楽しみください。

もちろん春の花も合わせてどうぞ^^