秋はお月見の季節。お月見をする日は、年に3回あることをご存じでしょうか。

9月の十五夜に加え、10月の「十三夜」、11月の「十日夜」とあり、すべての日が晴れて月を見ることができれば、とても縁起がよいといわれています。

そこで防府市の英雲荘(えいうんそう)では、年に3回のお月見に合わせて、夜間公開を実施します。

県内のお茶室として唯一残る、史跡・英雲荘で、夜空に浮かぶ美しい月を眺めてみませんか。

三度の月見・開催日程

(終了)【第1弾】~十五夜編~『月と音楽』:9月10日(土)
【第2弾】~十三夜編~『月と庭園』:10月7日(金)~10月10日(祝)
【第3弾】~十日夜編~『月と科学』:11月3日(祝)



夜間公開は20時まで。館内への入館は19時30分までになっています。
第1弾から第3弾まで、すべてのイベントに参加した方には、英雲荘の記念品プレゼントがあるそうですよ。

第1弾・十五夜のイベント内容【終了】

第1弾のテーマは『月と音楽』。
ということで、日中は地元の高校生による音楽の演奏が行われます。

第1部は14時~、第2部が16時~。
どちらも定員30名。
要事前申込、応募多数の場合は抽選となります。

演奏の詳細、申込方法は防府市公式HPをご覧ください。

第2弾・十三夜『月と庭園』のイベント内容

日時:10月7日(金)~10月10日(祝)
(夜間開園20時まで)
内容:庭園ライトアップ、写真展『幸せます祭~next together~』



庭園ライトアップ

(@aya_sousouの投稿より)

昨年好評だった庭園ライトアップ、今年も実施します!

■写真展『幸せます祭~next together~』
期間中は、ふだん見ることができない土蔵にて、防府商工高等学校「幸せます×カメラ女子部」による写真展『幸せます祭~next together~』を開催。

どちらのイベントも、通常の入場料金で観覧いただけます。

英雲荘の基本情報

所在地:防府市お茶屋10-21
問合せ先:0835-25-2237 (防府市教育委員会文化財課)
入館料:大人310円、小中学生150円、未就学児無料
駐車場:あり

 

まとめ

英雲荘の夜間公開をご紹介しました。

英雲荘は毛利藩の歴史を感じられる、とても貴重な史跡です。
ふだん英雲荘に行ったことがないという方も、この機会に足を運んでみられませんか。

風情あふれる英雲荘で、ぜひ月を愛でられてください。

■英雲荘についてはこちらでご紹介しています。