防府天満宮では毎年梅の見ごろの時期に合わせ、「梅まつり」が行われます。
天神さまと言えば、梅。
菅原道真公は幼いころから梅の花を愛でられていました。

防府天満宮の境内には16種類およそ1100本の梅の木がところ狭しと植えられており、見ごろには梅の花のふくよかな香りが境内いっぱいに漂います。

道真公が愛した梅の花や香りを多くの方に楽しんでいただこうと、毎年「梅まつり」が盛大に開催されています。

なんたん
なんたん
天満宮の梅の花は見ごたえがあってとてもきれいですよ
つぶた
つぶた
イベントも楽しみだよね♪

今回は防府天満宮梅まつりの日程やイベント内容、駐車場や御朱印、梅の見頃や人形供養についてご紹介します。

梅まつりの日程

開催日程:2022年2月20日(日)~3月6日(日)

梅まつりは毎年、梅の見ごろにあたる2月の中旬から3月初めに合わせて催されます。
期間中は人形感謝祭や甘酒接待、出世梅の配布など、たくさんのイベントが開催されますよ。

梅まつり駐車場

梅まつり期間中の土日は、駐車場が大変混雑します!

防府天満宮には正面側と裏手側に無料駐車場が用意されています。
それぞれの駐車場をご紹介します。

【防府天満宮参道入口】
参道入口側には、まちの駅「うめてらす」前の駐車場(うめてらす北、南あわせて34台無料)、観光駐車場(26台無料)があります。

なんたん
なんたん
こちらの駐車場は、早くに満車になりやすいです


【天満宮裏側】

県道54号線天神入口交差点から防府天満宮方面に曲がり、次の交差点もまっすぐ行って坂を上ると、防府天満宮裏側に出ます。
裏側には参集殿裏の駐車場(およそ40~50台無料)があります。

また、天神山公園駐車場(470台駐車可無料)がありますので、ご利用ください。

つぶた
つぶた
1台1台の駐車スペースが狭いので要注意です

参道の大石段を登るのが大変という方には、裏側の駐車場のご利用をおすすめします。

 防府天満宮
所在地:山口県防府市松崎町14-4
電話番号:0835-23-7700
公式ウェブサイト:日本最初の天神さま防府天満宮

梅の見ごろは?

2022年の梅の開花状況は、防府天満宮公式サイト内の「梅開花情報」にて確認できます。
お出かけ前に確認をおすすめします。

つぶた
つぶた
今年の梅の見頃時期は、昨年と同じぐらいで、2月中旬から3月初めの予想らしいね
なんたん
なんたん
昨年は2月22日ごろには、しだれ梅がほぼ満開でした♪

おもなイベントのスケジュール

おもなイベントは、まつり初日の2月20日(日)、26(土)・27日(日)、3月6日(日)に開催されます。

2月20日(日)10時~ 梅まつり始祭、稚児舞奉納(本殿)
2月20、27日、3月6日 11時~ 出世梅配布(楼門前)
2月20、26、27、3月5日、6日 甘酒接待(楼門下)
2月20日(日)~3月6日(日) 全国陶器市(梅林駐車場)
2月25日(金) 天神市
2月27日(日)10時~ 梅花祭、稚児舞奉納(本殿)
2月27日(日)10時~ 琴演奏会(大専坊)、梅まつり茶会(茶室芳松庵)
天神芸術村
3月1日(月)9時半~ 人形感謝祭(本殿)
※1日(月)~5日(金)まで里親探し

梅まつりの初日に梅まつり始祭を、27日(日)に梅花をご神前にお供えする梅花祭を行います
また祭礼の中で、市内の1年生から6年生による神楽舞「紅わらべ」を奉納します。

「紅わらべ」は道真公が5歳のころに読んだ歌「美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある」に曲と踊りをつけた神楽舞です。
※稚児舞奉納の様子はご覧いただけません。

天神芸術村は、春風楼前の広場にて、大道芸やものづくり(実演販売)、多国籍料理の販売が行われる予定です。

つぶた
つぶた
多国籍料理!?楽しみ~♪

2月25日(金)~27日(日)にかけては、茶室芳松庵や暁天楼にて、イベントが行なわれます。

脇本順子・間鍋竹士 作陶展
布小もの作品展 平井佳世
山城屋茶舗 京の陶磁器展

※人形供養については、下記であらためてご紹介します。

 見どころは?

しだれ梅

いちばんの見どころは、正面から大石段を昇ってすぐ右、御手水舎の裏にある>梅林のしだれ梅です。
淡いピンク色のしだれ梅の花は、さげもんのように可愛らしいですよ。

しだれ梅のある梅林からは楼門が近く、梅の花と楼門を合わせてカメラにおさめることができます。
絶好の撮影スポットです。

梅まつりには県外からもたくさんの観光客が訪れますが、しだれ梅梅園がいちばん人気です。

白梅、紅梅

参集殿の裏にも梅園があります。
こちらはさまざまな種類の白梅、紅梅が数多く植わっています。

よく見ると、同じ紅梅でも花びらの色の濃淡によって印象が異なったり、白梅でも種類が違うと雰囲気が違って楽しめたり。
さらには花に顔を近づけて上品でふくよかな香りを楽しんだり。

心ゆくまで梅の花と香りを楽しんでください。

人形感謝祭

毎年、梅まつり期間にあわせて、人形供養が行われます。
回廊内のひな壇には、家庭で大切にされてきた雛人形やぬいぐるみなどが所狭しと飾られます。

なんたん
なんたん
お人形は捨てがたいものですよね。
わたしも主人の実家にあるお人形の供養をこちらにお願いしました!

こういった機会があって、本当に助かりました^^

感謝祭が行われたあとは里親探しが行われ、人形の里親として大切にしていただける方にお譲りしています。

◇人形感謝祭と里親探し◇
人形受付(持参のみ):2月11日(金)~2月28日(月)
人形感謝祭:3月1日(日)
里親探し:31日(日)~35日(金)
※御初穂料:5000円~

梅まつり限定御朱印  

2022年梅まつりの限定御朱印は、2種類頒布されます

配布期間:2月20日(日)~3月6日(日)
頒布時間:8時半から20時
御初穂料:文字と印の御朱印⇒700円(限定1000枚)、楼門としだれ梅の絵の御朱印⇒1000円(限定300枚)
※紙での頒布になります。
(平成31年の梅まつり御朱印)

まちの駅「うめてらす」でも梅まつり 

参道入口にあるまちの駅「うめてらす」でも、天満宮での梅まつりに合わせて、梅まつりが開催されます。
梅茶の試飲会、うめもん飾りやスタンプラリーなどが開催予定です。

ぜひ梅まつりの際は、まちの駅「うめてらす」の梅まつりへもお立ち寄りください^^
防府、山口ならではのお土産品がたくさん、ランチスポットもありますよ。

うめてらすのウェブサイトはこちらです。
防府市まちの駅 うめてらす

梅あんの天神餅をどうぞ!

(写真はよもぎあん)

防府天満宮においでの際は、ぜひ名物天神餅をいかがでしょう^^
例年梅まつりのある時期には、境内で冬限定の梅あんが販売されています。

参道脇にも、天神餅のお店「天とて」があります。こちらでもどうぞ。

まとめ

今回は防府天満宮の梅まつりについてご紹介しました。
しだれ梅が満開になるのは、例年2月下旬。
道真公の薨去の日である225日は、まさに道真公の愛した梅の花が満開に咲き誇ります。

ぜひ梅の花と香りを楽しみに、防府天満宮においでくださいませ。

防府天満宮門前の街並みに、お雛様が飾られます。
くわしくはこちらです。👇