関門海峡は海の下にあるトンネルを歩いて渡れることをご存知でしょうか?
山口県下関市と福岡県北九州市門司(もじ)の間にある関門海峡。その幅は最も狭いところで約700メートル。両岸は目の前に見え、手が届くような近さです。
その幅の狭さのおかげで、海の下を歩いて県境を跨ぐという、とっても珍しい体験ができるのです!

今回は子どもたちと関門人道トンネルを歩いてきましたので、見どころや料金、駐車場などについて心を込めてご紹介しますね。

関門人道トンネルとは?

関門海峡の下には、3つのトンネルが通っています。
戦前に開通した関門トンネル(鉄道)、新関門トンネル(新幹線)、そして関門トンネル(国道2号線)です。
昭和33年に開通した国道2号線の関門トンネルには、人道トンネルが併設されています。人道トンネルの上部には関門国道トンネル(車道)が通っており、関門トンネルは世界に類を見ない2階建てトンネルなのです!

人道トンネルは歩行者だけでなく、自転車、50㏄以下の原動機付自転車も利用できます。

トンネルの幅は4メートル、長さはおよそ780メートルで、徒歩で片道15分ほどで通り抜けられます。この人道トンネルは車道ではないのですが、国道2号線に指定されています。

人道トンネルを歩いてみよう

料金とトンネル入り口の様子

子どもたちと一緒に下関側から人道トンネルを歩いてみました。わたし自身、15年前くらいに一度トンネルを歩いて渡っただけだったので、どんな感じだったかなーと思い出し、ワクワクしながらの体験でした。

出入り口には関門トンネル資料館である「関門プラザ」が併設されています。お時間があれば、ぜひご覧になっていってくださいね。

地下約50メートルの海底のトンネル入り口までは、エレベーターで降りていきます。トンネルを渡るのに料金はいくらだったかなーと思っていると、徒歩は無料でした^^
自転車、原動機付自転車は20円。料金は入り口にある料金箱に入れて入場します(自転車、原動機付自転車はトンネル内を押して通行)。

海底に行って見ると、けっこう観光客の方がたくさんいらっしゃいました!韓国からのツアーのお客さんかな、賑わってました^^中には地元の方でウォーキングやトレーニング、両岸の行き来に利用されている方々もいらっしゃいました。

わたしたちには観光でも、トンネル出入口付近の方は日ごろの生活の一部として使ってらっしゃるんですね。みなさんの生活にお邪魔するような感じもあって、不思議な気分でした。

出入口には記念スタンプがあり、台紙に下関側と門司側両方で押すと証明書がもらます。

トンネル内の様子は

入り口からはまっすぐに道がつながっているのが見えます。歩行者は右側通行。道の真ん中に車線がひいてあります。

歩き始めると、まずは緩やかな下り坂です。おおーっ、ここって海底なんだなあ~とちょっとウキウキ。人が多めだったので写真を撮るのも、立ち止まると歩くのにお邪魔になるかな、と気を使いながらでした・・・マナーが大事ですね。

しばらく行くと県境のしるしがあります。線が引いてあって、福岡県、山口県と書いてあるだけ。たったそれだけなのですが、海底で歩いて県境をまたげるのは国内ここだけ!そう思うとこの県境の線を踏み越える一歩がものすごく感慨深いんです~。この境で記念写真を撮られる方がたくさんいらっしゃいました^^

トンネルは真ん中付近までは下りなのですが、向こう側に近づくにつれてゆっくりと登り坂になってきます。
景色も変わらないので、だんだん飽き気味になってくる子どもたち・・・ですが、歩くこと15分程度で門司側出口に到着。やったー!こちらでもスタンプを押すことをお忘れなく!

門司側出口には

門司側出入口の外に出ると、関門海峡が間近に見られます。
徒歩ですぐ近くの歴史ある和布刈(めかり)神社に参拝。海峡の守護神を祀っており、神社はまさに海の目の前にあります。海峡を行きかう船や潮騒を堪能できますよ^^

そして和布刈神社裏、出入口近くの「若松屋」さんへ。こちらはおでんがおいしいお店ですが、ソフトクリームをいただきました。

さあ、休憩を終えて下関へ帰ります♪門司側のちょっとした観光も含めて、所要時間1時間程度でしたよ^^

関門トンネル人道の施設情報

営業時間

営業時間 6:00~22:00 年中無休

下関側出入口

〒751-0813  下関市みもすそ川町22 (国道9号線沿い)

下関側駐車場

下関側出入口の駐車場は、関門プラザ前になります(無料)。
駐車可能台数は20台くらいであまり停められないため、土日や行楽シーズンは空くのを待つこともあります。わたしもどうしようって思いながらでしたが、ちょっと待ったら空いたのでどうにか停められました。

・交通アクセス

バスの場合・下関駅からサンデン交通バス「御裳川(みもすそがわ)」バス停下車すぐ(所要時間12分、便数も多いです)。

車の場合・下関ICからおよそ10分(人道出入り口のある国道9号線は、行き過ぎると戻るのが難しいので気を付けて)

・門司側出入口  

〒801-0855   福岡県北九州市門司区大字門司  関門トンネル人道入口  

門司側駐車場

人道トンネル入り口最寄りバス停のある道路をトンネル入り口建物を過ぎると、道路が右にカーブします。その手前に「展望広場駐車場」の案内看板があります。

そのままカーブを曲がるとすぐ右に、駐車場入り口があります。
駐車できる台数はそんなに多くはなく、6~7台くらい。駐車場奥の階段を降りるとトンネル出入り口に着くそうです。なるほど門司側の駐車場は、表側ではなく裏側なんですね。

交通アクセス

バスの場合・西鉄バス「関門トンネル人道口」バス停下車すぐ

トロッコ列車・
門司港駅改札右手にある「九州鉄道記念館駅」にてトロッコ列車「潮騒号」乗車、「関門海峡めかり駅」下車。徒歩10分程度(およそ500メートル)

注)トロッコ列車は12月から2月は貸し切り列車のみの運行になります。詳しくは門司港レトロ観光列車公式HPにてご確認の上ご利用ください。

トイレは?

トンネル内にはトイレがありません。片道15分前後ですが特に小さなお子さんは、トンネルに入る前に行かれることをおススメします。
下関側には出入り口の建物にトイレがあり、門司側は、出入口の道路の向かい側に公共のトイレがあります。

また夏場はトンネル内が暑いので、水分を持ち歩くといいかもしれません(出入り口付近に自動販売機があります)。

まとめ

今回は関門人道トンネルをご紹介しました。トンネルの中では海の中を覗き見ることはできませんが、海峡の下を歩いて渡るなんて、めったにできない体験です。

関門エリアにお越しになる機会があれば、ぜひとも人道トンネルで関門海峡を渡っていただきたい!と思います。県境をまたぐときの感動、味わっていただきたいです!
この記事が、関門海峡の観光にお役に立てると幸せます^^