旅する蝶・アサギマダラ。
黒や茶色の縁取りに、うっすらとした浅葱(あさぎ)色の羽が特徴です。
まるでステンドグラスのような美しさですね^^

秋、アサギマダラは本州の涼しい高原地帯から南下し、九州や南西諸島、台湾へと海を越えて飛んでいきます。1000キロ以上の大移動なんだとか・・・びっくりです。

つぶた
つぶた
蝶が海を渡るなんて!すごすぎる!

南下の際、花の蜜を求めて山口県に飛来し、10月いっぱいわたしたちの目を楽しませてくれます。
なんたん
なんたん
どこに行ったらアサギマダラが見られるのかしら

今回は昨年の情報などから、旅する蝶・アサギマダラの山口県内のおもな飛来スポットを調べてみました。
また、県西部と北九州市を中心に開催される「アサギマダラスタンプラリー」もご紹介します!

下関市

リフレッシュパーク豊浦

リフレッシュパーク豊浦Instagram投稿より)

四季の花がきれいな「リフレッシュパーク豊浦」。
秋にはコスモスの名所として有名ですが、アサギマダラが大好きなフジバカマもたくさん植えられてあり、数千頭が訪れる、県内でいちばんのアサギマダラの飛来地といわれています。

2022年は早くも、アサギマダラが来園したそうですよ^^
コスモスとアサギマダラの競演、楽しみですね。

所在地:下関市豊浦町大字川棚2035-9
駐車場:あり
休園日:毎週水曜
アクセス:中国自動車道小月ICから車で20分、下関ICから車で30分
※リフレッシュパーク豊浦は入場料金が必要です。詳細は下記の公式HPをご覧ください。
>>杜の庭 リフレッシュパーク豊浦



毘沙ノ鼻

吉見地区まちづくり協議会Instagram・昨年の投稿より)

アサギマダラの旅の通り道になる、本州最西端の地・毘沙ノ鼻。

昨年4月、アサギマダラの休憩ポイントを作ろうと、地元の方々がフジバカマ100株を植栽し大切に育てたところ、さっそく秋にたくさんのアサギマダラが飛来。ゆっくり休憩する姿が見られました。

つぶた
つぶた
昨年の10月中旬ごろには、80頭ぐらい飛来したそうだよ!
なんたん
なんたん

所在地:下関市吉母
駐車場:あり
アクセス:山陰本線JR吉見駅から車で25分(下関市環境部吉母管理場近く)
公式HP:吉見地区まちづくり協議会



東行庵

紅葉の名所、東行庵にもアサギマダラが飛来します。
フジバカマがあるのは、東行庵玄関前の橋を渡って奥の花壇です。

所在地:下関市吉田町1184
駐車場:あり
アクセス:中国自動車道小月ICから車で15分



なんたん
なんたん
下関北運動公園の多目的広場の遊具の周りにも、今年フジバカマを植栽したそうです

山陽小野田市

竜王山公園

アサギマダラの南下の中継地になっている竜王山公園。

広い公園の中でアサギマダラが見られるのは、山頂駐車場から赤崎の配水場への途中にあるサワヒヨドリなどの自生地。
また、中腹駐車場そばの多目的施設付近もアサギマダラの観察スポットです。

なんたん
なんたん
地元の小学校の児童たちが、サワヒヨドリなどの苗2000本を中腹駐車場周辺に植えたそうですよ。
「アサギマダラおいでませ作戦」です

所在地:山陽小野田市大字小野田字番屋岳1261番
駐車場:約120台
アクセス:山陽自動車道小野田ICから約20分
竜王山公園公式サイト



つぶた
つぶた
例年「季節体験農場花の海」や「楠こもれびの郷」、「ときわ公園」にもアサギマダラが飛来するそうです

県西部で開催「アサギマダラスタンプラリー」

関門地域(北九州市、下関市、山陽小野田市、宇部市)では、平成27年(2015年)から秋の飛来にあわせて、「アサギマダラスタンプラリー」を開催しています。

実施期間:10月1日~31日
実施内容 :山口県内では6つのスポットでスタンプの台紙を配布。
参加施設:
【山口県】
季節体験農場花の海(山陽小野田市)
楠こもれびの郷(宇部市)
・東行庵(下関市)
・リフレッシュパーク豊浦(下関市)
・毘沙ノ鼻(下関市)※スタンプ2つ以上でフジバカマの苗をプレゼント(数量限定先着順)
※台紙・景品は各施設の担当窓口にてお渡し
※毘沙ノ鼻の担当窓口は、吉母公民館(月曜休館)

なんたん
なんたん
「日本固有の昆虫や植物の保全と保護啓発を目的に、アサギマダラの旅の中継地となるフジバカマの花畑ネットワークづくり」を目指しているそうです
つぶた
つぶた
もらったフジバカマの苗を庭に植えたら、来年アサギマダラがやって来るかも!
県西部にお住いの方、ぜひスタンプラリーに参加してみてくださいね♪

下松市

下松スポーツ公園

下松スポーツ公園の花の広場にはフジバカマが植えられており、昨年もアサギマダラが飛来しました。

10月の初めごろ、フジバカマが見ごろを迎え、少しずつアサギマダラが蜜を吸いにやってくるそうですよ。
一昨年は10月中旬の多い時には、30~40頭確認できています。

コスモスもたくさん植えられているので、アサギマダラとともに花を楽しめますね。

所在地:下松市河内140番地
駐車場:あり
アクセス:下松駅から車で約10分
下松スポーツ公園公式サイト(下松市体育施設管理事務所)



周南市

鹿野 清流通り

鹿野地区の清流通りにも、毎年数十頭のアサギマダラが飛来します。
女子道社の道路向いあたりに整備された水辺があり、水の中の鉢にフジバカマが植えられています。

清流通りは二所山田神社や漢陽寺などの名所やきれいな自然もあり、アサギマダラの観察のあとは散策もおすすめです。

所在地:周南市鹿野(鹿野総合支所北側付近)
駐車場:あり
アクセス:中国自動車道鹿ICから車で5分



金峰(みたけ)の里

地元の方々が管理、整備されている周南市金峰の里。
5年ほど前からアサギマダラが好むフジバカマを、麓から棚田の上まで3か所にわたって植えていらっしゃいます。

facebook「防長の吉野をつくる会」によると、今年はフジバカマに病気が出ているそうで、追肥や石灰入れなどの手入れをされたとのこと。
元気に花を咲かせますように。

所在地:周南市金峰4931
アクセス:県道315号線から県道179号線へ曲がり、道なり。山の中のため、道が細い場所があります。
防長の吉野をつくる会facebook



周防大島町

外入(とのにゅう)地区

周防大島の白木半島エリアにある外入地区のフジバカマ畑には、10月中ごろに飛来します。

アサギマダラの飛来を促そうと、地元のみなさんがフジバカマ畑を整備し、畑を2アールにまで拡大。植えられたフジバカマは昨年時点で1000本にもおよぶそうです。

なんたん
なんたん
地元の方々の努力のおかげですね。感謝です

外入地区へのアクセスは、上記、道の駅サザンセトとうわのtwitter投稿をご覧ください。


光市

冠山総合公園

バラや梅で知られる冠山総合公園にも、アサギマダラがやって来ます。
一昨年は11月に入ってから飛来を確認できたそうですが、今年はいつ頃やってくるでしょう^^

つぶた
つぶた
冠山総合公園の公式ブログでチェックしないとね

所在地:光市室積村6288
駐車場:あり
アクセス:山陽自動車道熊毛ICから車で20分
冠山総合公園公式サイト



まとめ

アサギマダラのおもな飛来スポットを、ピックアップしてご紹介しました。

ご紹介したほかにも、個人のお宅や山の中のスポットなどなど、フジバカマが植えられているたくさんの場所に飛来しています!

小学生から大人の方々まで、地域全体でアサギマダラの休憩スポットを作り上げてこられた場所も多くあり、飛来スポットを調べながらとっても感動してしまいました。

つぶた
つぶた
柳井の大畠小や宇部の常盤小などでも、フジバカマをいっぱい植えたらしいよ
なんたん
なんたん
小学生たちがアサギマダラという不思議な蝶を知り、観察する機会を持てるのはすてきなことだなあと感じました

自然環境が変わり、自生のフジバカマは減ってきているとのこと。アサギマダラも南への旅の休憩スポットが少なくなって、困っていたことでしょう。

地域の方々がフジバカマを植えることで、アサギマダラも喜んでいるのではないでしょうか^^
県内でたくさんのアサギマダラが観察できるのも、関わってくださっているみなさんのおかげ。ありがとうございます。

わが家も今年は、アサギマダラの観察に親子で行ってみたいと思います。

※地元の方に迷惑のないよう、ルールを守って観察くださいませ。