関門海峡と言えば、海産物。ふぐ、くじら、うに、練り物が有名ですが、海産物を使ったお土産品やご当地のお土産はほかにもたくさんあります。
いざお土産屋さんに行ってみて、どれにしようかな・・・と困ってしまうことも多いのではないでしょうか。
今回は、関門海峡エリアである下関市周辺ならではの食べ物のお土産品をご紹介します。

ふぐを使ったお土産品

関門海峡といえば、海産物。
なかでも下関市はふぐ食解禁の地でもあり、日本中からふぐが集まってきます。ふぐの取扱量が日本一なんですよ!
下関にはふぐ刺しやふぐのから揚げ、一夜干しなどの生鮮品から、お茶漬けのもとやせんべい、ふぐを使ったさまざまな商品があります。
ここでは下関を代表するふく加工食品会社、日高食品のふぐのお土産をご紹介します。

ちなみに下関では、ふぐのことを福とかけて「ふく」とよびます(ふぐとも呼びますよ)。なので、名前がふぐではなく「ふく」になっている商品もあります。

ふくの骨せんべい

(ふくの関HPより参照)

2018年10月の雑誌『anan』に「ふぐの骨せんべい」が紹介されたそうです!
さらには、テレビでも「食わず嫌い王決定戦」でも紹介されたことがあるんだそうですよ。
ふぐの骨を素焼きにしてあるので、ヘルシーでカルシウムたっぷり。
パリパリと食べ応えもありますよ。

やきふく


ふぐの身を味付け加工したもので、おつまみに最適です。
父のおつまみをもらって小さい頃よく食べてたなあ・・・としみじみ思い出します。
ふぐの身は白身でクセがない味なので、この味付けがすごく合って親からもらっては美味しい美味しいと食べていました。
お土産に買って帰って、お家でゆっくりお酒のつまみもいいですね。

ふくカレー

色んなご当地レトルトカレーがあるなかで、こちらのふくカレーも話題作りにぜひ!
一目で関門地域のお土産とわかり、喜ばれること請け合いです。

日高食品
下関市武久町2丁目8-5  電話083-254-2002
日高食品公式HPはこちら

くじらを使ったお土産品

下関は、戦前・戦後と捕鯨基地として栄えました。
現在は商業捕鯨が禁止されていますので、調査捕鯨の基地として機能しています。
小学校の給食でも、くじらを使ったメニューが提供されています。わたしは給食のくじらの竜田揚げが大好きでした^^

くじらレトロソーセージ

(マル幸公式ホームページより)

こちらのレトロソーセージは、魚肉ソーセージの中に下関のシンボルだった鯨肉を15パーセント使用しています。
また、コクのある鯨肉を使用したくじらカレーも人気です!下関ならではのお土産にいかがですか?

マル幸商事
下関市彦島西山4丁目13-48  TEL 083-267-3727
マル幸商事公式HPはこちら

うにも下関名物

小川 粒うに

下関といえば、アルコール漬けのビン詰めうにです。
明治後期に瓶詰うにが下関の六連島で開発されました。
お酒のつまみや、あったかいご飯にのっけて食べるのがいちばんですが、子どもさんでアルコールのくせが強くてちょっと…という場合は、うにパスタや玉子焼きに入れたり、お料理にアレンジしてみても美味しいですよ。

小川うに株式会社
下関市岬之町10-16  TEL 083-231-2341
小川うに公式HPはこちら

下関のお菓子

巌流本舗 巌流焼(おそいぞ武藏)

長年愛されてきた下関の代表的なお菓子のお土産と言えば、巌流焼」です!
北海道産のインゲン豆でじっくり練り上げられた白あんのどら焼きで、はなまるマーケットのはなまるベストおめざにも選ばれた逸品です。
うちの子たちは大好きで、大きいのにぺろりと食べてしまいます・・・。

そして2002年に製造が始まった「おそいぞ武藏」。こちらは中身が黒餡のどら焼きです。
関門海峡といえば、宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の戦いが有名です。
その戦いで遅刻してきた武藏ですが、武蔵をまだかまだかと待つ小次郎の思いを彷彿とさせるネーミングが面白いですね^^
もちろんネーミングのみでなく、しっかりと食べ応えのあるどら焼きは絶品です。

巌流本舗
下関市長府扇町6-44 TEL: 083-248-3150
巌流本舗公式HPはこちら

江戸金 亀の甲煎餅

創業1862年の老舗お菓子屋・江戸金がつくる「亀の甲煎餅」は、名前の通り縁起の良い亀の甲羅の形をした煎餅です。もう100年以上の歴史を誇るお煎餅なんだそうで、下関市民にはおなじみのお煎餅です。
この「亀」は、関の氏神と言われる亀山八幡宮にもちなんでいます。

亀の甲煎餅は砂糖、小麦粉、卵というシンプルな材料でできていますが、ゴマとケシの実が加えられているのが特徴です。サクッとした食感がくせになります。

江戸金
下関市卸新町7-3  TEL 083-223-0391
江戸金公式HPはこちら

垢田のトマトゼリー

下関で有名なものと言えば、海産物だけではありません。
実は、下関市垢田地区のトマトが完熟で甘くてもう絶品なのです!
その美味しいトマトを使ったゼリーは、トマト臭くなく甘くて美味しいと評判です。
後味にちょっとトマトがきますが、トマト嫌いな方にもぜひ一度試していただきたいゼリーです。

お菓子工房 幸ふく
下関市富任町3-1-43  TEL 083-262-4637
お菓子工房 幸ふく公式HPはこちら

お土産を買える場所は?

カモンワーフ
下関市唐戸町6-1  TEL 083-222-2241
営業時間 9:00~19:00(4月から11月)、9:00~18:00(12月から3月)
定休日 元旦
カモンワーフ公式HPはこちら

おみやげ街道しものせき
JR下関駅改札おりてすぐの場所にあるお土産販売店です。
下関市竹崎町4-3-1  TEL 083-228-0631
営業時間 8:00~20:00、年中無休

まとめ

今回は関門海峡周辺、下関ならではのお土産をご紹介しました。もっとご紹介したいお土産品がたくさんあったのですが・・・これは、というものを厳選してみました。
ぜひ実際にお土産屋さんで手に取ってみていただき、ご当地ならではの味を楽しんで頂けると幸せます。