夏の夜、錦帯橋がかかる錦川の水面にはかがり火が美しく輝く様子が見られます。
そのかがり火は、伝統の鵜飼によるもの。
多くの観光客が幻想的な光景を見に、夜の錦帯橋に訪れます。
今回は毎年行われている錦帯橋の鵜飼について、その歴史や鵜飼を間近で見られる遊覧船などについてご紹介します。

鵜飼とは

鵜飼はとても歴史が古く、古事記や日本書紀にも鵜飼を歌った歌が残されています。
時の権力者である織田信長や徳川家康も見物していたとか。伝統的な漁法であるとともに、権力者の余興でもあったのですね。
鵜飼は、小船に鵜匠と船頭が乗り込みます。
水の中の鮎が、舳先に焚かれたかがり火の光に驚いて動き回ると、うろこが光に反射。鳥類の中でもとても視力が良い鵜は、光ったうろこを目印に素早く水中の鮎を捕えます。
鵜は喉にひもを巻かれているので、一定の大きさ以上の鮎は喉を通らないようになっています。それを鵜匠が吐き出させて鮎を捕ります。

錦帯橋の鵜飼の歴史

錦帯橋の鵜飼は今からおよそ380年前、江戸時代の寛永年間に始まったと言われています。
時の藩主は錦帯橋を創建した吉川広嘉(きっかわひろよし)。
苦労の末に架かった錦帯橋を背景に、鵜飼が繰り広げられていたのですね。藩主吉川広嘉は、さぞやご満悦だったことでしょう・・・。
江戸時代末期から一時期中断していましたが、1952年(昭和27年)に鵜飼宗家が観光鵜飼を復活させ、現在まで続いてます。

開催時期と時間は

鵜飼が行われるのは毎年夏の夜、6月1日から9月10日まで(2020年は6月23日から9月10日)
開催時間は20時から21時の間です。

鵜飼遊覧

鵜飼の時期には鵜飼を鑑賞するために遊覧船が運航されます。
運航時間が19時から21時の約2時間
遊覧船に乗ると手に届くほどの近い距離で、伝統漁法の鵜飼とかがり火に照らし出された名勝・錦帯橋を鑑賞することができます。

※コロナ感染予防の観点から、2020年は貸切船のみ運行。大人4名以上から、1日8組までとなっています

 基本料金と食事

大人(中学生以上) 2200円(食事代は別になります)
小人(小学生)   1100円
・小学生未満のお子さんは2名で1名分の小人料金になります。2歳以下は無料
・原則予約制です。余裕のある時は出航前でも乗船可能。

予約時にお弁当が注文でき、錦帯橋周辺の老舗料理やさん5社が作るお弁当から選ぶことができます。
注文したお弁当は船内に用意されています。
5社以外のお弁当も注文可能ですが、その場合は大人一人当たり200円の持ち込み手数料が必要になります。

タイムスケジュール

19時から19時50分までが遊覧時間です。この間に食事を頂きながら、ゆったりと錦川の水面から錦帯橋を楽しむことができます。
10分間の休憩の後、20時から鵜飼鑑賞になります。鵜飼は錦帯橋上流と下流とで、2回行われます。
昔ながらの衣装と漁法での鵜飼漁。闇の中かがり火に照らし出されるその様子は、幻想的でもあり、まるで江戸時代にタイムスリップしたようでもあり。鵜飼を鑑賞し、愛でたであろう岩国藩のお殿様気分にも浸れます。

また鮎が獲れたときには、鵜匠が鮎を遊覧船に投げ込んでくれます!これには大興奮ですね
そして獲れた鮎は乗り合わせた人で分けあって持ち帰れるんだそうですよ。とれたて新鮮な鮎のお味、楽しみですね。

ゆかたDAY、花火鵜飼遊覧

鵜飼遊覧には、浴衣で乗船する方にお得なプランも用意しています。
運航時間は鵜飼遊覧と同じ19時から21時になります。

自前の浴衣を着てこられるか、浴衣を持参のうえ着付けをお願いするか、浴衣をレンタルして着付けもお願いするか、でプラン(料金)が異なります。
2020年は6月27、7月1~7、21、8月5日にAプランのみ開催します。

Aプラン
自前の浴衣を着て乗船  3200円、小学生2200円
Bプラン
自前の浴衣を持参、着付けしてもらって乗船 →2020年中止
Cプラン
浴衣レンタル、着付けしてもらって乗船  →2020年中止

これらのプランには、乗船料、食事代、お茶代(B、Cプランには着付け代やレンタル代)が含まれています。食事代も込みでこの料金はお得ですね。
予約制となりますので、乗船希望日の5日前までに申し込みください。

花火鵜飼遊覧

毎年8月の第一土曜日には、錦川水の祭典(花火大会)が開催されます。それに合わせて、花火鵜飼遊覧が運航します。
通常の鵜飼にプラスして、錦帯橋の上の夜空を彩る約6000発の花火を船の上から鑑賞できるこの遊覧。ホームページで日程が公開されるとすぐに満席になるほどの大人気だとか!これはチェックしたいですね。

日程、時間  8月第一土曜  19時から21時30分まで
乗り合い料金 大人(中学生以上)11000円、小学生5500円
19時から19時50分までが鵜飼鑑賞、休憩の後、20時から21時30分まで船上で花火鑑賞。

鵜飼遊覧、ゆかたDAY、花火鵜飼遊覧の詳細や予約については、錦帯橋の鵜飼ホームページより事前にご確認ください。

「吉香 鵜の里」で鵜について学ぼう

錦帯橋を渡って奥へ進んだところにある「岩国シロヘビの館」のすぐ近くに、鵜の飼育施設「吉香 鵜の里」があります。

こちらの施設は2017年3月にオープンし、なんと見学は無料。金網越しに日中の鵜の様子を間近で見ることができます。
鵜匠さんとのトレーニングの様子やエサやりの様子もタイミングが良ければ見ることができる飼育スペースも。さらにはプールもあるので、水中を泳ぐ鵜の様子も観察できますよ!

休憩室の大型モニターには鵜飼についての解説映像も流れ、鵜飼について学ぶことができます。
こちらの施設、鵜飼遊覧を楽しむ前にぜひご覧いただきたいですね。

吉香 鵜の里
岩国市横山2丁目6  TEL 0827-29-5116
年中無休、9時から17時まで
トイレ(多目的トイレ)、授乳室、無料Wi-Fiあり

まとめ

伝統ある錦帯橋の鵜飼、鵜飼遊覧についてご紹介しました。
豊かな自然と素晴らしい名勝である錦帯橋、そして鵜と人との信頼関係。それらがあることによって成り立つ錦帯橋の鵜飼は、きっと見る人の心を惹きつけることでしょう。
より多くの方に錦帯橋に足を運んでいただき、鵜飼を通して岩国の自然、人、歴史を肌で感じていただけたらと思います。
ぜひ昼間の錦帯橋だけでなく、夜の錦帯橋を鵜飼とともにお楽しみくださいませ。